観劇2008(中野辺り)

2008年12月19日 (金)

楽天団公演『ウィンドミル・ベイビー』

Windmillaomote2    

    

  

   

    

  

観劇。

主にオーストラリアの戯曲作品を翻訳・上演している楽天団の冬公演。

今年2月に本劇団の公演『ゲアリーズ・ハウス』に客演させていただいた縁もあり中野はスタジオあくとれへ。

『ウィンドミル・ベイビー』は一人のアボリジニの老婆がその土地でかつて起きた出来事を観客に語り聞かせる1人芝居。

大方斐紗子さんの臨場感溢れるひとり語りには圧巻。

色々な役を演じわけながらのステージでしたが、完全に役が変わるのではなく、使用人として働く老婆の主観からその目に映る人々を演じる、という印象で、老婆でない役の立ち振る舞いの時もその老婆がその人物に対しどういったイメージを持っているのか、どういった感情で見ているのか、そういった役と役の関係性までが伝わってきて、結果的に老婆の人間性、役としての感情の奥行きを感じさせる演出になっていました。

これはもう1人の人間の持つ力(マンパワーというやつ)の凄さ、そこにつきます。

存在の説得力、留まらない感情、表情の豊かさ、柔らかで自由な身体。

一人の役者をこれだけ長く観ていて、まったく飽きさせないどころか夢中にさせる力、というのはいったいどういったトコロから産まれ出るパワーなのでしょうか。

役者の持つこれは「技能」と言ってもよいかもしれませんが、

「人に魅せる力」。

ただただ見とれていまいました。

この方と同じ職についているかと思うと自分が未熟すぎて恥ずかしい気持ちになりました。

作品も異文化での出来事、と割り切れない普遍的な人間の欲や業と向き合わされるような、しかしどこか幻想的でおとぎ話のような物語性を纏った戯曲で深い感慨をもたらしました。

 

あらすじを載せさせてください。

≪あらすじ≫西オーストラリア北部のある牧場にやってくるアボリジニの老女・メイメイ。
自分が洗濯女としてそこで働いていた過去を振り返る。
メイメイは、牧夫のマルバーンを料理女のサリーと取り合った末に結婚する。メイメイが身ごもり、夫は彼女にルビーの指輪を贈って赤ん坊が女の子であれば ルビーと名付けることを決める。しかし冷酷な白人の主人に過酷な労働を強いられ、最初の子供を早産で亡くしてしまう。アボリジニの庭師ワンマンは、自分の手入れする庭にその子供を埋めてくれる。
サリーは身体の不自由なワンマンに好意を寄せていたが、ワンマンは白人の奥さんを好いている。酒を飲むと荒れて、妻や使用人に辛くあたる白人の主人は、子供を欲しがっていないがやがて奥さんに子が宿る。そして悲しい出来事が起こり、メイメイも巻き込まれていく…。

お時間ありましたら。

今週末まで。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

インパラプレパラート公演   『笑われガスター』

Performance_img_2   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

  

  

観劇。

中村掌子さんや中村千春さんやONEOR8公演をいつもお手伝いしてくれる谷山えみさんや「思い出トランプ」ではずっと稽古場からベタで付いて助けてくれた斉藤友紀子さんなど知り合い多数の公演でした。

ちょっと突飛な設定のファンタジー(?)で最初は

「そんなコトあるわけねーだろ」

という冷めた目で観てましたが、

後半何故かちょっと涙が出てました。

なんで涙が出たのか分かりません。結構冷静な精神状態で泣いてました。

「冷静に泣く」というのが自分で書いててイミが分かりませんが、とにかくそんな感じでした。

すごく心揺さぶられる何か、があったかといえばちょっと分かりません。

でも客席で泣いて鼻ズーズーやってるんだから僕の負けかもしれません。

んー、納得いかない。

「そんなコトあるわけねーだろ」って今でも思ってます。赤い目で。

  

あ、劇中で役者がPerfumeのポリリズムの振り付け(にちょっと似たヤツ)をやってたり、モンハンのメインテーマが流れたり、ちょっと僕的につつかれた感じが。

| | コメント (0)

2008年6月 6日 (金)

三田村組公演『伝説の男』

0806_fri_1   

  

  

  

  

  

 

 

  

  

 

0806_fri_2     

  

   

   

   

  

  

  

  

  

  

  

観劇。

昨日のお昼は敬愛する中島佳子さんを始め、三田村周三さんや去年の野外で共演した高橋麻里さんやらよくお会いする正村さんとか、え、ま、皆さんを観に中野ポケットへ。

どうでもいいんですけど、みんなチラシの写真が疲れてるような・・・。

  

芝居は何だかバカバカしくて笑ってしまうところとそうでないところとのバランスがよくて楽しい作品でした。

いつも思うんですがファインベリーの中島新さんの作品は佐久間さんをただ観てるだけで楽しいです。

佐久間さんが動いているのを観て、それだけで結構お金払ってよかったってとこまでいきます。

(失礼なこといいますが)佐久間さんは毎回設定の違う同じ役の人物で出てくる感じがあるんですが、観ててまったく飽きることがありません。

役者としては稀有な成立をしている存在だと思います。

オンリーワンです。

どうして佐久間さんの演技を観て自分がリアリティーを感じてしまうのか、いまだ自己分析できていないところがありますが、本当に見ていて飽きない、幸福を呼ぶ役者だと再認識させられました。

  

幸福と言えば中島さんが演じられている姿を観ているだけで、「いいなぁ」と50回くらい思いました。

たぶんあの観劇状態は完全に冷静でないので作品もちゃんと観れてないと思います。

ダメですね。

でもホントにいちいち抜群の間合いというか、僕にとって「そこだっ」っていうトコロで生きてくれる女優さんなのでホント幸せになってほしいと思います。

イミ分かりませんが。

  

公演終わって夜は乞局の制作お手伝いでアゴラへ。

こういう外の現場行くと、自分が異常に人見知りする人間なんだってことを思い出します。

ああ、ホント他人が怖い。

知らない人が怖い。

| | コメント (4)

2008年5月23日 (金)

観劇2本、後死んだように寝る

昨日はお昼、友達の太平さんの芝居を観に中野ポケットに。

「PMC」という演劇ユニットの公演で、昔ONEOR8で共演した相原美奈子が客演してたことがあったりで観るのは3回目かな、たしか。

ポケットというかなりいい環境だったんですが、ちょっと空席が目立って残念でした。

同業者として心が痛いです・・。

昼夜の間に中野でつけ麺食べて

224  

   

   

  

   

  

  

夜は相原美奈子や椿組で共演させていただいたSETの大関真くんや内田もも香さんらが出演する劇団K助の『ステージ』という芝居を観に中目黒ウッディーシアターへ。

ん?

ついこの前も行かなかったか?

ウッディーシアター。

はぁ~、駅から遠いよ・・・。

中目黒にかなり早めに着いたのですが、劇場行く前にオシャレな雑貨屋さんやらカフェやらに入ったもんだから結局ギリギリでしたよ、着いたの。

まぁ、俺が悪いんですけどっ!

  

作品は楽しげでよかったです。

ただ寝てなくて体力がもう限界だったので呑みは野本さんに任せて帰りました。

帰ってちょっとTV観てたらいつの間にかTVも電気もつけたまま10時間ぐらい寝ててビビリました。

あんまり疲れが取れてない感じが損した気分です。

あ~。

また恐い夢見た・・・・。

めんどくさいのでここでは割愛しますが、

皆様も電気をつけたまま寝ない方がいいです。

絶対眠りが浅くなって夢ばっかりみますから。

| | コメント (2)

2008年1月26日 (土)

桟敷童子公演『泥花』

桟敷童子公演『泥花』
観劇。

中野光座は雰囲気あるなぁ。

いい劇場。

暖房設備なくたって芝居であったまりました!

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

三田村組公演『天井』

0801_fri_1   

 

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

観劇。

我らがONER8和田ひろこ様。

素晴らしかった。

冨塚さん・平野さんの出演した『ブルーシーツ』のときにも思いましたが(ヤベ、観劇ブログ書き忘れてる・・・)、ONEOR8の役者さんはみんな凄いです。

こういう風に客演で出演されてるものを観ると改めて思いますね。

作品も素晴らしかった。

マーク義理人情との提携公演ということでマー義理の方々も出演されてましたが正直こんなに芝居が素晴らしい方々とは・・。

スゲーなぁ・・。

自分がもの凄い芝居下手な気がしてきた。

超不安だ。

  

三田村さん魅力全開なので観劇おススメします!

| | コメント (0)