« 2016年8月30日 | トップページ | 2016年9月15日 »

2016年9月4日

2016年9月 4日 (日)

日本劇作家協会「月いちリーディング」に出演いたします

少し急なお知らせなのですが、今月9月17日(土)、日本劇作家協会「月いちリーディング」に参加させていただくことになりました。
瞬発力が試されるリーディング公演、ご興味ありましたらご来場ください。
※以下ご案内
----------------------------------
◎ 9/17(土)開催! 日本劇作家協会「月いちリーディング」のご案内
───────────────────
★月いちリーディングは、ドラマリーディング+ディスカッションによる、
定期開催の戯曲ブラッシュアップ・ワークショップです★
───────────────────
《今月のブラッシュアップ作品:モスクワカヌ『だるまかれし』
── ワタシは30歳でアスペルガー症候群の診断をうける。
トキコは戦争で手足を失った夫を献身的に介護しながら、
障害者となった夫を恥と思う本音を隠している。
シリアル・キラーのアンナは恋人のレフに、
二人の愛を永遠にするために彼の手足をくれと申し出る。
心や体に障害を抱え、社会に安全な居場所を見いだせない3人の女たち ── 。
**戯曲冒頭部をサイトでお読みいただけます。
作者のモスクワカヌさんは現在、自身では演出は行なわず、
演出家を迎えての公演や脚本提供を中心に活動しています。
近作の『世界をほろぼすことに決めた7人の女子高生』は大阪の高校演劇部で、
『POSHLOST』は “劇団劇作家” の「劇読みVol.6」で上演されました。
今回の取り上げる『だるまかれし』は “劇作家女子会。”の公演として、7月に花まる学習室王子小劇場で上演されたばかりの作品です。
 
ディスカッションのゲストに鐘下辰男と鹿目由紀を迎え、
ブラッシュアップのヒントを探ります。
また、出演者の多彩さも「月いちリーディング」の楽しみのひとつ。
今回も力のある俳優が揃いました。
 
まずはドラマリーディングをお聴きください。
そのあとのディスカッションでは、ご意見・ご感想を語ることはもちろん、
そっと頷いたり考え込んだりしながら他の方の意見を聞くことも参加です。
ご心配なくご来場ください。
 
────────
[日時] 9月17日(土) 18:00 (21時頃の終了予定)
[会場] 座・高円寺 地下3階 けいこ場2
[参加費] 無料
────────
◯ 今月のゲスト:鐘下辰男(The ガジラ)、鹿目由紀(あおきりみかん)
◯コーディネイター:山田裕幸(ユニークポイント)、吉田康一(Antikame_)
◯ファシリテイター:関根信一 (フライングステージ)
◯出演:
伊藤俊輔 (ONEOR8)
今井由希
岡本 篤 (劇団チョコレートケーキ)
川上友里(はえぎわ)
佐藤拓之
辻村優子
野崎数馬(劇団丸福ボンバーズ)
村岡希美(ナイロン100℃)
 
------------------------
[申込み方法]
*劇作家協会事務局宛てにメールでお申込みください。
*メールの件名は「リーディング予約」とし、「お名前(ふりがな)・
ご所属・ご連絡先」をお記しください。
特にご所属がない方のご参加も歓迎致します。
*ご予約の締切は開催前日=9月16日(金)24時です。会場定員の都合上、
早めに締め切る場合があります。ご予定が決まり次第お申込みください。
 
[ご案内]
ドラマリーディングとディスカッションのどちらかのみではなく、
両方に必ずご参加くださいませ。
*Youtubeで同時中継と録画公開を予定しています。ご来場のお客様が
特定できないようにカメラをセッティングしますが、ご心配な場合は
受付でお申し出ください。
 
[交流会] ディスカッションのあとに近隣の居酒屋で自由参加の交流会を
行なっております。飲食費実費を割り勘にする有料(2000~3000円)となりますが、
お時間が許せばご参加ください。(当日の月いちリーディングにご来場の方に限ります)
 
--------------------------
[お問合せ]
日本劇作家協会事務局 (担当:国松里香)
------------------------

| | コメント (0)

« 2016年8月30日 | トップページ | 2016年9月15日 »