« 2015年9月9日 | トップページ | 2015年9月13日 »

2015年9月11日

2015年9月11日 (金)

ワークショップ終わる

今日ある映像のワークショップ最終日が終わりました。
ワークショップ始まって、一瞬で今、という感じです。
記憶が凝縮されています。
 
初日から今日まで、稽古スタジオでの出番以外の時間のほとんどを台本読んで、シーンの構造や意図を理解して、役の内情や変化を想像して、心情や状態や関係性の変化の流れをつないで、自分が演じるならどうするかを考えて、台詞を覚えて、覚えた台詞を自分のしゃべりコトバにして、言い慣れない台詞を繰り返し口に出して少しでも馴染みのいい状態に近づけて、ボイスレコーダーに相手役の台詞を吹き込んで、再生して反応できるか試して、リアクションができそうかな、となったらセットの空間を家の中で想定して、何となく相手役の動きを想像して自分の美味しい位置を探って、なんとなく何度も通してやってみて、でも本番はドンだから相手役がどんな感じでくるか分からないので解釈も動きもなるべく余白を作るようにして、これくらいならなんとか本番いけそうかな、と思って少し時間おいて通すと全然思ってたように動けなくなったりして、プランが安易過ぎて段取り芝居になってることに気付いたりして、段取りに見えないようにするにはどうしたらいいか、とか考えて、そうするとどうしても出てこない台詞が突然出てきたりして、そういう台詞は紙に書いて意味を分解してみたり、どういう意図で喋ってんのかとか、目的は何なの?とか考えて、ちゃんと理解して頭に入れるようにして(そうするとなんとか入ります)、ようし、これでなんとか!って思って、でも頭が疲れ過ぎてパンクして思考も遅くなって台詞もよくわかんなくなって、これはヤバイ、ってなり、一時間半だけ寝よう、って寝るといつの間にか3時間経って起きて絶望的な気持ちになって、もう一度台本を開くと、全然台詞が入ってない気がしてまた通してみるとまたつっかえるとこが出てきたり、ちゃんと意味分かって言ってない台詞があるな、とか気付いたり、ここってもしかしてこういう動きできるんじゃ、とかアイデアがでたりするんだけど、いやいやまだちゃんと台詞入れられてないからヤバイ!ってなって、焦って自暴自棄な精神状態になりそうになって耐えて、入らない台詞には必ず理由があるんだ!その理由はなんだ!ってなるんだけど、もう時間もないしとりあえずなんでもいいから頭に入れる!みたいになって、追い詰められて、お腹痛くなって、そういえば何も食べてない!ってなるんだけどまったく食欲がなくて怖くなって、とりあえず野菜ジュース飲んで、チョコとか食べて、この期間テレビをまったく見ないから台風が来てるとかまったく知らなくて雨早くやまないかな~、とか呑気に思ってて、家から稽古スタジオまでの間、台詞が入りきってないのにスタジオ行くのが恐くてゲロはきそうになったり、
という、そんな感じの4日関でした。
 
持てる力を振り絞って台本と向き合いました。 
限られた時間でできるだけはできたと思います。
とりあえず力尽きました、、
 
ぶっ倒れます。
おやすみなさい。

| | コメント (5)

« 2015年9月9日 | トップページ | 2015年9月13日 »