« さよなら豊橋 | トップページ | 妻誕生日 »

2014年10月19日 (日)

劇団公演「世界は嘘で出来ている」のご案内

Sekaiha_toji_0620_3

Sekaiha_omotemen0620_3

21日からスズナリで芝居やります。
面白いと思いますのでよかったら観にいらしてください。

年に一度の劇団公演、是非。

スズナリという空間でこの作品がどう花開くのか、楽しみで仕方ありません。

既に売り切れの回も出てしまっていますが(ベンチ席でのご案内は出来きます)、もしお時間都合合いましたら是非観にいらしてください。
お待ちしております。

………………………
・ご案内
今年ONEOR8は劇団としては初めての旅公演をさせていただけることになりました。
念願の旅公演です。
東京公演も2003年の第12回公演「春へと。」以来の下北沢「ザ・スズナリ」での公演が叶い、伝統ある劇場での公演に身の引き締まる想いです。
さて、今年は客演に甲本雅裕さんを始め、田村作品の常連になりつつある矢部太郎さん、劇団員がずっとラブコールを送り続けていた浅野千鶴さん、KAKUTAの異儀田夏葉さん、劇団が舞台芸術学院時代からずっとお世話になってきた古屋治男さんを迎えての公演です。きっと面白い公演になると感じています。
10月は是非スズナリへ。
心よりお待ちしております!
ーーーーーーーーー
ONEOR8・2014年10月公演

「世界は嘘で出来ている」
作・演出 田村孝裕
出演
恩田隆一 伊藤俊輔 和田ひろこ野本光一郎 冨田直美 山口森広
古屋治男 異儀田夏(KAKUTA)浅野千鶴(味わい堂々)
矢部太郎(カラテカ)
甲本雅裕

【東京公演】
10月21日(火)~29日(水)
@下北沢ザ・スズナリ

 ■タイムスケジュール
※ベンチ席に合わせて表記を編集いたしました。

10月21日(火)19:30 △(残りわずか)
  22日(水)19:30 △(残りわずか)
  23日(木)14:00 △(残りわずか)/19:30 △(残りわずか)
  24日(金)19:30 ◯
  25日(土)14:00 ×(当日券のみ)
  26日(日)14:00 △(残りわずか)
  27日(月)14:00 ◯/19:30 ◯
  28日(火)19:30 △(残りわずか)
  29日(水)14:00 ◯
(※10月18日時点の残席状況です)

※◯(チケットございます)△(残りわずかです・前方ベンチ席ございます)×(チケット完売です)

※予約フォーム完売の回は前方ベンチ席を追加増席いたします。
こちら前方ベンチ席でこの回をご観劇希望のお客様は僕か、下記劇団携帯までご相談ください。
ベンチ席のご予約は劇団携帯でのみ受付けております。

 ★ONEOR8劇団携帯 :080-6577-1399

 【劇場】
 ザ・スズナリ
 住所:〒155-0031
東京都世田谷区北沢1-45-15

 【料金】
 全席指定・税込
 前売り 3900円 当日4300円

ご予約は伊藤までお伝えください~。
メールかコメントかfecebookにご連絡いただきましたらご予約承ります。

|

« さよなら豊橋 | トップページ | 妻誕生日 »

コメント

 
『世界は嘘で出来ている』
東京公演初日おめでとうございます。

豊橋の雰囲気とは、また違った感じになるのかな・・・
などと、あれこれ思い巡らせています。

お身体に気をつけて
がんばってくださいね♪
 

投稿:  草平  | 2014年10月21日 (火) 21時14分

このお芝居が面白いという話を
たくさん耳にしています。

仕事があるので関東には行けず…。
本当に無念です。ぜひ大阪でもやってほしいです!

投稿: さと | 2014年10月27日 (月) 01時06分

初めまして。知り合いに、パーフィディアを借りて見てから、伊藤君のファンです。顔も演技も上手いんだから、テレビにいっぱいでてね。地方じゃ、舞台みれんけー。

投稿: まこ | 2014年11月 7日 (金) 16時54分

>草平さんへ
今更ですが、コメントありがとうございました。
おかげ様でなんとか公演を無事終えることができました。
またいつかこの公演で舞台に立ちたいです。

>さとさんへ
コメントありがとうございます。
大阪なんですね!力及ばず今回は豊橋までしか行けませんでした。もっと劇団として実力をつけて大阪で公演が打てるように頑張りたいと思います!

>まこさんへ
『Perfidia』ご覧になってるんですね!すごい。あの作品は流通してる訳ではないのでかなり貴重だと思いますよ。
あ、広島の方なんですかね?

投稿: しゅんぺい | 2015年1月 4日 (日) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら豊橋 | トップページ | 妻誕生日 »