« 2014年7月30日 | トップページ | 2014年8月2日 »

2014年8月1日

2014年8月 1日 (金)

テレビ番組を録画して見る、という習慣

をもうやめようかな、と思います。
 
唐突にそう思いました。
 
昔はテレビは基本的にその番組がやる時間にテレビの前にいなければ見れなかった、ですよね。
まぁ、ビデオとかもありましたけど、今より色々面倒でした。
 
それが、なんだか色々便利になりすぎてテレビに取り付けるハードディスクみたいのが出てきて、予約録画が簡単になって、なんでもかんでも毎週予約に登録しておいてどんどんハードディスクに入れるようになって、、
 
そうなるとあっという間に残り録画時間がなくなって、どんどん追い立てられるように番組を見ていかなくてはいけなくなって、見たくて録画した番組のはずがなんだか義務で見る感じになってきて、これが精神的にどんどんしんどくなってくる。
 
ウチはブルーレイに録画した番組をブルーレイに録画もできます。
そういう機械を買いました。
でもこのブルーレイに焼くって作業、何故かすごい時間かかるし(データを圧縮するから?)、録画可能時間を増やすためにまぁ~たくさん焼いてるんですけど、結局焼いたブルーレイを見ることなんてほとんどないし、たまに、これはなんのための作業なんだろう、と思うことがあるんですよ。
見直すこともないブルーレイをどんどん増やしていくための不毛な作業。
これに休日の家でほっとしたい時間が奪われる。
 
あと、ハードディスクは録画可能時間がゼロになると新しく番組を録画することができなくなってしまい、たまに録画したかった番組が録画できていない、なんてことがあったりして、この時の番組が僕の録画したかった番組ならまだしも妻が録画したかった番組だったりするともう家が最悪の空気で、こういうことがもう今年になって2回もあるんですよね、、
 
なんか、録画して見る、って習慣になると、あんまりいいことないような気がしているんですが、これって僕だけですかね?こういう環境になる前のほうが明らかにテレビが楽しみだったし、面白く感じてた気がするんですよね。
 
そもそもテレビ番組は録画しないでオンタイムで見ればいいだけなんじゃないですかね?
で、家に帰るのが遅くなっちゃったりして見たかった番組を見過ごす、という悔しい思いをしたら、悔しいかもしれないけど、それはそれでよくて。
その時はそれだけその番組を見たかった!って気持ちがつのってその次の放送がより楽しみに愛着が湧くんじゃないですかね?
 
それでいいんじゃないですかね?
 
まぁ、そうなると僕は早朝のニュースか深夜番組しか見れなくなるからドラマ関係はなに一つ見れなくなってしまいますけどね、、
 
まぁ、でもドラマはDVDになるからいいかな、みたいなのもあるし。
 
ああ、でもその「DVDで見ればいいや」って感覚も「録画したのを見ればいいや」って感覚の延長のやつなのかな、、
 
そう考えると映像の番組を「流れてるもの」じゃなくて、パッケージされたアーカイブと捉えるような感覚そのものがそもそもの元凶なんじゃないか、みたいな気がしてくるんですよね、、
 
だから人が映画館にも行かなくなっちゃったりするのかな、、
 
作品とかも本当は「自ら出会に行くもの」で「コンテンツとして提供されるもの」ではなかったはずなんだよなぁ、と思うんですよ。
 
まぁ、こんなことを考えてるきっかけになったのは、見たい番組が録画可能時間を超えていて録画できてなかった事件が今起きてるからなんですけど、はぁ~、、
 
ツライですね。
 
 

| | コメント (0)

« 2014年7月30日 | トップページ | 2014年8月2日 »