« 2014年6月13日 | トップページ | 2014年7月30日 »

2014年7月21日

2014年7月21日 (月)

あとはお客様に観ていただきたい、それだけです

いよいよ今週23日(水)からタカハ劇団「帰還の虹」が幕を開きます。

この1ヶ月半、稽古を重ねてきました。
各方面から高羽さんの依頼に応え素敵な俳優が集まり、濃い、内容のある充実した稽古期間だったと実感しています。
 
今回の出演者は同じ劇団の山口森広以外は舞台で拝見はしているけど共演は初めて、という方ばかりだったのですが、皆さんそれぞれに輪郭がはっきりした存在感と迫力を備えていて、相対していると圧倒される程の「圧」を感じることができて、それが嬉しく、一緒に芝居することの喜びを感じています。
 
いつも思うのですが、俳優と俳優の舞台上でのやり取りは「真剣勝負」であり「ほんの少しの助け合い」であると思います。なれ合いではけっしてシーンは作れない。
そこに「真剣」を持って「生身」をさらけ出す気概で挑み、相手と渡り合うことでやっと「生きたシーン」が表出していく。

でもそんな「生きたシーン」というのは一つの大きなエネルギーのようになってますので、傍で観ていると本当に大きな魔物のようで怖いのです。

魔物のうごめきが目の前で行われ、その蠢きの渦のような空間に飛び込む日々でした。
しかし不思議です。
飛び込んでその中で自分も共演者に「生身」をさらけ出せれば、そのエネルギーの魔物は自分に味方してくれます。魔物と一体になってその空間を埋めていく感覚は恵まれたよい現場にいる俳優の特権と感じています。

皆でこの感覚を得るためにこの長い期間を努力してきました。
そして今日は稽古最終日です。

これまでの日々の通し稽古で作品の完成度がどんどん増していくのを観て、これが舞台に乗った時のことを考えワクワクしています。
あとはただ、この高羽さん、俳優陣、スタッフ陣の努力の結晶を、多くのお客様に観ていただきたい、それだけです。
 

余談ですが、今回の山口森広はいいです!
同じ劇団の先輩の立場としてこんなことを言うのは気持ち悪いですが、存在のきらめきがスゴいです(笑)。もう稽古場で感嘆しています。
「油がノッている」、というのはこういうことをいうのではないでしょうか。
(豚みたいに太っているということではなく…)
コレ、けして身内だからひいき目で観ている訳ではない、ということを作中の彼を観に来ていただければ証明できると感じています。
今回の山口の勇姿を是非観てほしい!

どうか、真夏の下北沢へ、一人でも多くのお客様が足を運んでくださることを願っています。

※公演詳細※
Stage43295_1
Stage_reverse43295_1

******************
タカハ劇団第10回公演『帰還の虹』
脚本・演出:高羽 彩

昭和19年ーー
現実が、創造を超える時代
画家たちは何を描けばよかったのか

太平洋戦争末期の日本。
ある「戦争画家」のアトリエを舞台に描かれるのは、無為の人々の生活。
芸術までが武器だった時代。
芸術家達が、どうやって戦争と生きたのかを描く。

<出演>
西條 義將 (モダンスイマーズ)
藤森陽太
内田亜希子
鈴木 利典 (扉座)
山口 森広(ONEOR8)
伊藤 俊輔(ONEOR8)
かんの ひとみ(劇団 道学先生)
有馬自由(扉座)

<公演日程>
2014年
7月 
23(水)  19:30      
24(木)19:30
25(金)19:30
26(土)14:00 / 18:00
27(日)14:00 / 18:00
28(月)14:00 / 18:00

※受付開始・開場は開演の30分前
※未就学児童入場不可

<チケット>
前売・当日 3,900円(全席指定・税込)

<チケット取扱い>
ローソンチケット 予約受付電話番号:0570-084-003(Lコード36584)
0570-000-407(オペレーター対応)
インターネット予約 :http://l-tike.com/ (PC・携帯共通)
ローソン・ミニストップ(Loppi)で直接購入いただけます。
Confetti(カンフェティ) http://confetti-web.com/
0120-240-540*通話料無料(受付時間 平日10:00~18:00)
CoRichチケット! http://stage.corich.jp/

<劇場>
下北沢駅前劇場
〒155-0031 世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F
tel/03-3414-0019
<お問合せ>
オフィス・REN 03-6380-1362(平日12時~18時)

詳しくはコチラ➡公式サイト
http://takaha-gekidan.net/

タカハ劇団On Twitter @takaha_gekidan

| | コメント (3)

« 2014年6月13日 | トップページ | 2014年7月30日 »