« 2013年12月3日 | トップページ | 2013年12月12日 »

2013年12月8日

2013年12月 8日 (日)

かぐや姫の物語

かぐや姫の物語

を観てきました。
吉祥寺の商店街抜けたとこの映画館で観ました。
 
写真は鑑賞後上機嫌な妻。
 
まだ観て間もないので色々頭の中でごちゃごちゃしていますが、思っていた感じとは違っていてよかったです。
 
思っていた感じというのは、なんとなく絵柄の印象から、優しげな、いい話風のサワヤカな作品なのかな、という感じのことで、そういうのは私、すごい嫌い、というか苦手なので不安視していました。
 
が、
 
冒頭、竹取の翁が竹から産まれたかぐや姫を見て、「これは天からの授かりモノに違いない」とか言って勝手に自分の家に連れて帰るところを見て、なんというか、その感覚の根底に翁のエゴを感じゾクリとし、これは好きかも、と思えました。
 
おじいさんが山で突然幼女を拾ってきて自分の妻に「神様に授かった」とか言いはる。そしてなんの疑いもなく受け入れるお婆さん。
 
ちょっと気味が悪くないですか?
 
小さい頃絵本?とかでなんの疑問もなく読んだ竹取物語。
 
実際に演じてシーンにすると、こんな気持ち悪い話なのか、と思いドキリとしました。
そしてその感覚をないものにせず、しっかり表出させてくれた地井武男さんに尊敬の気持ちが湧きました。
 
まだご覧になっていない方のためにこれ以上作品の中身に触れるのはやめておこうと思いますが、全体的に、かぐや姫も含め登場する人物それぞれに人間的な欲望や生き物故の醜さ(強さ)を感じ、ドキドキしました。
 
こういった人物達の描写をある決まった視点から記号的に描くのではなく、複数の視点を持ってその人間性をゴロンと表出させていく感じが好きでした。
 
そういった意味で、作品作りに携わる上で、人間を表す上で大事なことを改めて感じた作品でした。
 
ただ、
あ、やっぱりちょっとだけ作品の中身に触れようと思いますが、、
「姫の犯した罪と罰」っていうのがイマイチ何を指しているのか分かりませんでした。
 
地球に憧れたのが罪?
散々地球で喜びを知った後にそれを全部奪われるのが罰?
 
ってことですか?
 
だとしたらあの観音様みたいな無口なパンチのおっさん、やること酷すぎるでしょ、、

| | コメント (0)

« 2013年12月3日 | トップページ | 2013年12月12日 »