« 2012年9月29日 | トップページ | 2012年10月16日 »

2012年10月6日

2012年10月 6日 (土)

日々生活をしています

Securedownload13_2

日々生活をしています。
 
朝6時に起きてバイトに行って。
帰って来てご飯を作って、片付けとか洗濯物たたんだり明日のゴミ出ししたりしてると妻が帰って来て、
夜の11時くらいでもう遅いけどTVを観ながら一緒に食べて、 
妻と今日の稽古の話や芝居の話や映画の話やくだらない話などして、
お風呂に入って、寝る。
 
というだいたいそんな感じの毎日です。
 
休みの日は映画を観たり知り合いの芝居を観たり、
スーパーに買い物に行ったり、業務用のスーパーで安いものを探したり、
家で普段録画して観れてないTV番組を観たりします。
この前は妻の稽古場にお邪魔したりして通し稽古を見学させてもらったりしました。 
(妻は現在乞局という劇団の公演の追い込み稽古中でして今月10日から本番なのです)
 
という、こんな感じの毎日を送っていて思うのは、
 
自分は、のろまだな、ということです。
 
日々の生活でもう、精一杯なんですね。
 
役者ならば、もっと貪欲に、
 
なんでしょうね、、
 
日々演技を研究したりですとか、毎日どんなに忙しくても1本映画なり本なり作品に触れて、
こう、前のめりに生きるっていうのが、お手本といいますか、
 
そんなガツガツしないまでも例えば移動中はたまってるメールを返すですとか、家で少し落ち着いたらメールを返すとか観劇の予定を立てるですとか、やることを少しずつ消化していくというのが現代人としての当たり前の運動量だと思うのですがそれが全然できないんですね、、、
 
もうなんだか、すぐ疲れてしまって、
 
舞台のご案内メールが毎日1通くらい来て、どんどんたまっていって、お休みもそんなにたくさんある訳でもないので確実に全部は観にいけないんですね、残念ながら。
 
そして悲しいことに収入もそんなにあるわけではないので今は僕も舞台終わったばかりでなかなか、好きにお金を観劇に回すというわけにもいかず、どうやって大事な知り合いの舞台のご案内をうまく感じ悪い印象を残さぬようにお断りしようか、そればかり考えているんですね。
 
でもいざお断りのメールを出そうとか思ってそのメールを書こうと思うと、
「いや、待てよ、もしかしたら奇跡が起きて観に行けるかもしれないじゃないか」
とか根拠のない希望が湧いてきて、問題を先送りしてしまうという、、、
 
この自分の性格が、結果色々失敗や後悔を産んでいるなぁ、
と自覚しているんですがね、
 
これが、、
 
昔からなおらないんだなぁぁぁ、、、
 
や、根底に、
 
「人に嫌われたくない」
 
みたいのがあって、それが、こういう臆病な性質に繋がって、結局人によく思われないようなことになってしまうというね、
 
わかってるんですよ、 
 
わかってるんですけどね、
 
でもなおらないんですよね〜〜、
 
もう34歳なのにね〜〜、
 
どうしたらいいんですかね、
 
いや、といいながらですね、
 
この性格を直すつもりないんですよね、たぶん、心の性根の部分では。
 
僕はきっと、もともと社交的な人間ではないんでよね。
 
もう昔から、小学生の頃から一貫してですね、そうですからね、
 
いや、社交的な人間への憧れはね、人一倍ありますよ、
 
でもなれないんですよ、
 
人がたくさんいるところに出ると息がつまるんですよ。
 
そんな人間が人がたくさん集まる劇場のような場所で集団芸術である演劇なんてメディアで活動してるわけですから本当に不思議というか不可解というか、おかしな話なんですよ。
 
映画になるとのび太みたいなダメ人間がえらい活躍するみたいにおかしい話ですよ。
 
で、まぁ、
 
でも生きるんですよ。
 
生きていかなきゃいかんのですよね。 
いやもう本当に僕のように極端にコミニュケーション能力の欠如した人間は山にでもこもって一人で陶器とか焼く職人とかにでもなればよかったんですけどあいにく手先が不器用なんで無理ですけど、 
とにかくもう後戻りはなかなか難しいですから、
 
本当に毎日僕のできることを少しずつでも、無理しない程度にがんばって、
 
生きていかねばと思うわけですよ。 
 
 
いったい「そして母はキレイになった」の記事はいつ書けるんだ、という感じですが、きっと次、余裕を持ってパソコンに向かえるときにバーッと書けるんではないかと思うんですよ。 
書き出したら早い男ですよ、僕は。
 
 
ああ、写真は自転車をこぐ妻の後ろ姿です。

| | コメント (2)

« 2012年9月29日 | トップページ | 2012年10月16日 »