« 2010年2月25日 | トップページ | 2010年3月1日 »

2010年2月26日

2010年2月26日 (金)

「演技」

フィギュアスケートって滑ることを「演技」と言うけど、なるほどな、と思う。

リンクの上でそれぞれの選手が何かを演じているのだと思う。

ニュースではトリプルアクセルが成功だ、失敗だとかそういうところばかりに話が行きがちだが、「演技」だとするなら本質的には失敗なんてない。

その時その時を、命を燃やして生きる人間の姿があるだけだ。

観客はきっとそこを観ている。

選手、

ではなく、浅田真央という一人の人間がそこに生きる姿を観ている。

それが「演技」というものの本質で、

それが「面白い」のだし「感動」を与えてくれている、のだと思う。

そういう意味で僕は浅田真央のことをほとんど知らないのに、魅せられたし「面白かった」。

ジャンプの失敗なども含めて。

観る人の心を鷲掴みにする、素晴らしい「演技」だと感じた。

だとするならこの競技は他者と争い競うことにあまり意味はないかもとも思う。

努力や情熱は、違う演目の他者にではなく、

「自分の納得の行く演技」に向うものだと思う。

もっともっとあの場所で「生きる」ためにはどうしたら、

ときっとあの選手は考えているのではないか。

| | コメント (0)

« 2010年2月25日 | トップページ | 2010年3月1日 »