« 2009年12月27日 | トップページ | 2009年12月31日 »

2009年12月30日

2009年12月30日 (水)

無感性

やっぱりそうか。

記憶を頼りに俺っぽく見せるので精一杯。

話振られたときがヤバい。

心の状態として生産性がないからそん時バレそう。

マズい。マズいぞこれは。

何も出てこん。

心が完全な虚に支配されとおる。

虚は我(が)を食うのか。

我、どこいった。

俺の我。

何かを思ったり感じたり発信したりする俺の源。

どこ。

ない。

源どこやねん。

どこいった。

いや、これ書いてるの俺なんだからコレか。

いやでもコレは何か違う。

何かを感じて考えて書いているということになっていない。

プロセスを踏んでいない。

コレは緊急用の予備のアレだ。

代用だ。

メインのが必要なんだ。

メインの、日常も、多人数会話の時とか打ち上げとか、稽古場でも、本番の時も使うあのやつが必要なのだ。

あのやつ。

ちゃんと作用するやつ。

身体に影響を与えられる有用なあのやつ。

いまのこのポンコツ偽物物真似演じ機じゃないやつ。

あれどこやったんだよアレ俺なくしちまった。

棄てちゃったのかな。

このスペアじゃ無理だろ。どーすんだ。返せコラ神。

神だろコレ仕組んでんの。

やめてくれもう、変なイタズラは。

返せ柔らかいデリケートな丸いアレ。

アレが必要なんだよーー。

アレがないと人間の作用を再現できねーだろが。

え?

アレかもしかして、

俺もともと持ってないのか、アレ?

えー?!持ってなかったっけ?いや持ってたよ、持ってた。持ってたって絶対。

色々本気で痛いことたくさんあったり、覚えてるからあれは心があったからだからその証明でしょ。

いや違うのか、痛いのは痛いのか。緊急用でも痛いのは感じるのか。

え〜、何か分からなくなってきた、いいや後回し。

正月までになんとかすればいい。

そうそう、俺はいつもこうやってごまかしごまかしやってきた。

この発想は俺らしい発想。

だがなんだこの文章は。

違うこんなのは僕の書く文章ではない気がする。

もっとこう面白みっていうんですか?

もっと面白いこと書ける人だったんだけど、どうしたんですか?

がんばれがんばれ。

頑張って面白いこと書いたことないけど。

面白かったころあんまないけどね、いや実際スベッてばかりの人生ですけど、それでフラれたりしてるし、でもいや違う俺もう少し面白い時あったって絶対、いやあったんですって本当に。

面白い人絶対こんなこと言いませんけどね!

あー。

無。

無能の人ってなかったでしたっけつげ義春、ありますよね。

でもあの無能の人は実は無能じゃないですよね、と俺は思うんですよね。

本当の無能というのはね、僕みたいのを言うんですよ。

あーそうか、そういう人のモデルケースとしてのポジション得られないかな。ねーかそんなポジション。

何か今の俺は引きこもりで2ちゃんに人の悪口とか必死で書き込んだりして世に何か発信したつもりになってる人よりランク下だろ、いやランクどうこうどうでもいい。

そういう人より立ち位置が後ろのとこでやってる気がする。

心臓が鳴ってるだけだ。

| | コメント (0)

« 2009年12月27日 | トップページ | 2009年12月31日 »