« 2009年10月26日 | トップページ | 2009年10月29日 »

2009年10月27日

2009年10月27日 (火)

『ラブプラス』をアノ人とアノ人にやらせて・・・、と

この話題を出すにはもはや時期的に遅いかもしれないが、あえて言おう。

先日ゲーム史にターミネーター級の恐ろしい革命が起きてしまった。

ニンテンドーDSソフト

『ラブプラス』の登場である。

1310081944_196     

  

   

   

   

   

   

   

このゲームがどういうゲームかはもはや説明する必要がない程今ネット上では異常な盛り上がりを見せているのでヘタにプレイしたこともない(DS持ってすらいない)僕などが解説するにはおこがましいわけだが、あえて簡潔に説明するならばコレは、

『世の(実は大多数の)彼女ができない・今後ともできなそうな男子が、「彼女ができる」ということを体験できるゲーム』

だ。

詳しくは≪ウィキペディアページ≫へ。

詳しいニュース記事は≪コチラ≫。

1253879330  

  

   

   

   

   

   

   

Ytb_0296    

   

   

   

   

   

   

   

お分かりだろうか。

そう、恐ろしいゲームだ。

どこが恐ろしい点かと言うと

「このゲームは現実と共にあり永遠に終わらない」

というトコロで、

この機能によって人間(男子)はいままで歴史上誰も為し得なかった

「永遠の愛」

を手に入れてしまったのだ。

Syncronized_love_plus_14   

   

   

   

  

このゲームの誕生が人類に及ぼす影響は計り知れないものになるだろう(半分冗談じゃなく)。

近い未来、現実の彼女をつくることを放棄した、DSと共に仮想電脳彼女を連れて歩く男子

090918_loveplus    

   

   

   

   

   

で世は溢れ、友達に「この子が自分の彼女だ」とDSを差出し、差し出され、彼女同士通信会話させ(なんでこんなことができるのか。どんな技術力だ。)る風景が日常と化していくに違いない(この作品ではそうならなくてもどんどん進化した続編『ラブプラス(妻版)』みたいなもの登場によっては・・・)。  

というか単純に子供の出生率が大幅に減る!ことは間違いない(是非冗談にしたい)。

日本、危ないぞっ。

花沢健吾先生の『ルサンチマン

Tumblr_kqdf2flgvb1qzowg0o1_500  

   

    

    

   

  

みたいになっちゃうぞ。

と言いつつね。

僕も中高時代や20代前半の頃は1日の半分は「彼女欲しい」みたいな妄想で占めていた気がするし、このゲームにハマる(「こんな僕にも彼女が出来た!」と喜ぶ)男子の気持ちが分からなくもなく、

なんとも言えず、ツライ。

人間は色々な欲求を満たすために機械を作ってきたけど、この欲求は機械によっては満たされてはいけなかったんじゃないかなぁー。

たぶんコレを読む大半の女子的な方はそんな漫画やポリゴンで作られた人造の女子に生身の私が負けるわけない、とお思いだと思うが、

どっこい中高生、20代前半のモテないピュア男子には、コレは夢であり、希望であり、まぎれもないリアルになりえる凶器なのである。

だから!

負けないで女子達!

Loveplus_09090301   

   

    

   

   

    

  

Www_dotup_org130315   

   

   

   

   

    

   

   

   

   

  

こんな男の妄想と理想の極地にいるような2次元に、

負けないで。

日本の未来のために。

   

ちなみに僕はコレに手を出したら人生が終わってしまう気がするのでプレイしません。

が、仮に彼女がいる人がコレをプレイしたらどんな顛末を迎えるのか、という邪悪な興味はあったりします。

とりあえずアノ役者さんとアノ役者さんにやってみてもらおうかな・・・。

↑『ラブプラス』で検索したら面白い動画があったので貼っておきます。

あの歴史上の人物でさえ虜なのですね。

恐ろしいゲームです。

   

| | コメント (2)

« 2009年10月26日 | トップページ | 2009年10月29日 »