« 2009年10月20日 | トップページ | 2009年10月22日 »

2009年10月21日

2009年10月21日 (水)

近所のコンビニの店員にはなんの遠慮もなく

自分をさらけ出せる私だ。

寝癖だらけだろうが、顔が腫れぼったかろうが(この日本語あってるのか)、寝間着姿であろうが不機嫌な顔だろうがさらけ出せる。

マックの店員にはそんな姿は見せられない、さらけ出せない。
おまけに異常な明るさに何故か劣等感が湧き、目すら見れない(これで昔当時の恋人に愛想を尽かされた)。

コンビニの店員はそういう意味ではなんか心を開ける存在なのだ(喋ったりするわけではないが)。

そう思っていた。  

ところがだ。  

先日ジャンプとスピリッツとヤンマガを立ち読みしに行って(スピリッツ、「バンビーノ」が休載で悲しかった)、帰りにヨーグルトと菓子パンと菓子を別になんのこだわりもなく惰性でレジに持って行ったら対応してくれた店員がバイト先の女の子だった。

掛け持ちでそのコンビニでも働いていたのだ。

突如我に帰りバイト先でのキャラに切り替えたものの既に遅く、完全に後手に回っていた。

「ずっとそうなんじゃないかと。」

と一言言われた。

ずっと?!

え?俺が完全寝起きみたいな格好で入ってきて、一目散に雑誌のコーナーに行き、ジャンプを手に取り「ナルト」と「bleach」読んで後にスピリッツに手を伸ばし「上京アフロ田中」読んでフッとかたまに笑って、アレ?「バンビーノ」は?ってなって飛ばしちゃったかと思って最初からペラペラページめくってそれでもなくて、最後の目次ページ見て休載っていうの知って「え〜」ってなってそれが若干顔にも出て、挙げ句にヤンマガのグラビアにヘラヘラしてる(してないけどそう見える!)間「ずっと」っていう「ずっと」?え、それとも俺がこのコンビニによく寝間着姿で来ていて、髪もボサボサだし銭湯帰りで髪が濡れてたりしながら来店してきてて醜態を晒しているのにそのコンビニにバイト先の人がいるっていうのを全然気付かずに過ごしてきていて、今やっと気付いたっていうこの期間を指しての「ずっと」?

え、え?どの「ずっと」?

てか、うわっ、

今日の俺のチョイスなんだ、 フルーツヨーグルトにチョコクロワッサンに染みチョココーン。

子供のチョイスだ。

子供のオヤツを選ぶ時のチョイスだ。

しかもチョコがかぶってるし、

あ〜、バカだと思われる、バカだと思われる。

いや待て、

この子はずっと俺がこの店に来ていることを知っているとするなら、アレか?

これは、もうただの日常なのか?

『またアイツ寝間着で来たよ、どうせまた立ち読みしてオヤツ買って帰るんでしょ?』

を散々繰り返した後の今日、の、

今、なのか?

え?え?嘘だ嘘だ。

  

とにかくもう逃げたかった私は。

カバン的なものは持っていなかったが、「袋はいいよ」とせめてエコ的な発言をして少しでもこの子の中の自分のイメージを上げてバッと商品を受け取り…、

いや!

いや待て、

寝間着姿で今レジ棚の上にあるヨーグルトとチョコクロワッサンと染みチョココーンの3点をガバッと手に抱えてこのコンビニをアタフタと去るその姿の方がキツいぞ、完全にコソドロだ、あ〜ぶない、あやうく大惨事だ、いやしかし既に火の手は回っている、俺に今出来るのは全焼にならない方法を探ることだけ!ぐっ!無力!

消えたい、今すぐ瞬間で消えたい!

テレポーテーション!

駅前のカラオケボックスの空室に!

「あーーー!!」って一回言いたい。

ホントは誰もいない大草原とかがいいんだけどなんだかこんなことで大草原を利用するのは若干自然に申し訳ない、だから。

あ、

でもダメだ、俺サイコキネシス使えないんだった。

てかもし使えても今俺が突発的に感情で突然この場から消えたら目の前のこの子がビックリしちゃうだろ。

レジ前だから防犯カメラにもその瞬間が写っちゃうし、なかったことには出来ない。

バイト先で次にこの子に会った時に色々説明して理解してもらわなきゃいけなくなるし、理解してもらった上にこの秘密を他にバラさないよう密かに監視しなきゃいけなくなるんじゃないか?うわメンドクセー。あ、大丈夫だその心配はない。だって俺サイコキネシス使えないから。

と頭でグルグル回っている内にその子は会計を済ませ至って事務的に商品をレジ袋に詰め、そのレジ袋の手で引っかけるところの両端を持って僕の目の前に差し出し、僕がその子の手と手の間のスペースに指を引っ掛ければいいようにしていた。

はっ!

なんてこった・・・。

俺はこの俺の恥部を知り尽くしたこの店員の手と手の間のこのスペースに指を差し入れてレジ袋を受け取らなくてはいけないのかっ。

てかなんて恥ずかしい行為なのか!

こんなことを僕は今までほぼ毎日のようにやってきていたのか。

あぁ!!

とここで僕の精神のキャパが許容量を超えたので半自動的に『無我の境地』が発動され次に気付いた時にはトクダネを見ながらヨーグルトを一心に口に運んでいた。

はぁ…、

僕が『無我の境地』を体得していなかったら今頃は、と思うとゾッとするばかりだ。

  

今回のことで、今までコンビニの店員にさらけ出せてたのは、安に関係性の構築がちょっとどうでもよかったからというか、社会の底辺というものを見る目線があったからなのだと気付かされた。

実はその目線は逆に僕に向けられていたのだ。

よし、とりあえずあのコンビニで立ち読みするのを止めよう。

って何の教訓にもなっていないじゃないかっ。

自堕落な僕め。

| | コメント (9)

講談社の方

今日観た五反田団の『生きてるものか』(昨日観たのは『生きてるものはいないのか』)の打ち上げでひょんなことから居合わせた講談社の女性の方に「お芝居観に行きますよ」と言われ、嬉しかったのだが、気持ちとは裏腹に疑いのこもった酷い対応をしてしまった。

初対面の人が自分に対してそんな好意的なわけがない、と思ってしまうのだなぁ。

私、社交性なし。

| | コメント (2)

« 2009年10月20日 | トップページ | 2009年10月22日 »