« 2009年10月8日 | トップページ | 2009年10月12日 »

2009年10月10日

2009年10月10日 (土)

「真・女神転生STRANGE JOURNEY」

Oo2o89oxlz1r1ir584xdg2c3s6q8y6n8   

   

    

    

    

   

   

  

今日からまた色々気になることちょこちょこ書きたいと思ってます。

大事なことからどうでもいいことまで。

観劇の嵐、バイトの嵐、漫画、ゲーム、映画、本、楽天2位・・・etc。

 

どれから手をつけていいか分かりませんが、時間の許す限り(時間ないかもですが)書いてみたいです。

今日は気になるゲームのことでも軽めに。

この話題共有できる人が周りにいないのが寂しいですが、

僕の好きな真・女神転生シリーズの最新作「真・女神転生STRANGE JOURNEY」がDSで発売、というNEWSです。

僕DS持ってないんでね、

そんなに興奮できないですが、宣伝用トレーラームービー↓見てると面白そうでワナワナしてきます。

トレーラームービーその2↓

いいなぁ、

面白そう。

090722_01     

    

   

   

   

メガテンシリーズは(特に「真・女神転生」の名前が付いたシリーズは)背徳感溢れる重厚でダークな世界観があって金子一馬さんのデザインも媚びてなくて好きです。

もちろんライトユーザー向けの「デビルサマナー」シリーズや女性ユーザーにも人気のある「ペルソナ」シリーズも好きでほとんどプレイしていますが、

「真・女神転生」シリーズが劇団公演とすると、他のは集客に重点を置いた外部のプロデュース公演という感じがしていて、「思い入れ」や「やりこみ度」という点で圧倒的に劣るんですよね・・。

舞台作品もゲーム作品も「商品」でありビジネスであるわけだから「売れる」ことは凄く大事で、それゆえPOPな人当たりのよいものに変化していくことは必然なのかもしれませんが、だからといって大事なものまで犠牲にしてはいけません。

そういう意味で「真・女神転生」という名前が付いたシリーズに関してはATLUSは譲らないものを持っていて好きです。

クリエイターが「自分達は誰がなんと言おうと自分達が信じる面白いと思うものを妥協なく創りたい!」という気持ちが伝わってくるんですね。

だから学生時代「真・女神転生」の第1作目を一人部屋でプレイした時は、

あまりの容赦のない世界観にホント恐くなって何度もプレイを中断した記憶があります。

ゲームなのに、まだ当時はドット絵なのに、

ホント怖いんです。

あんな本気で恐がりながらやったゲームってあんまないと思います(同じくATLUSの「デスピリア」と「ベルセルク」くらいかな・・。モンハンもあるイミ恐かったけど)。

でもだから面白いんですよね。

本気でやるから。

 

でもDS持ってないんだよなぁ・・。

てか持っててもやる時間がな~~。

いや、でもいつか必ずプレイするので待ってろよ「真・女神転生STRANGE JOURNEY」。

  

気になるゲームといえば

今月末に発売される『BAYONETTA』(SEGA)

Jes11   

   

   

   

  

  

  

 

  

も相当面白そうで気になる。

PV見ると「デビルメイクライ」シリーズの進化系みたいな感じ。

ホントにコレゲーム画面なの?ってくらい美しい映像でちょっとゲームをプレイしてる感じじゃないっていうか、どういう操作でこういうことになるのか体感してみたい。

ちなみにコレが『BAYONETTA(ベヨナッタ)』のPV↓。

その2↓。

面白そうー。

天使と闘うってのがまたダークヒーロー(ヒロインか)っぽくていい。

眼鏡美女が主人公というのが今な感じがする。

そうそうこのゲームの開発者の方のインタビュー動画の配信みたいなやつで、

「このゲームを開発する上でもっともストレスを感じたことは?」

という質問に対して、その開発者の方が

「上のエライ人に「ベヨネッタ(主人公)の眼鏡を外せ」と何度も言われて圧力かけられたことかな、・・・・・・・・(怒りが込み上げ)取らねーよ。」

と言っていたのを見て大好きになりました。

メガテンもそうだけど、クリエイターの譲れないもの、こだわりがあってこそ名作は産まれるものだと思っていて、そのクリエイターの直感は絶対に商業主義の変な力に潰されていいものではないと思うんですね。

53686772   

   

   

  

   

  

   

   

  

   

   

  

「ベヨネッタは眼鏡がいい!!」と決めたらその直感を信じる、

コレはわがままとは違うと思う。

信頼できる方だな、と思いゲームに対する見方も変わりました。

  

こっからは余談ですけど、

僕はゲームのオープニング映像が好きでゲームを買ってプレイするときはまずOPを必ず観るんですね(たまにOP観ないですぐゲームを始めるとかいう人いますけどそういう人ちょとどうかと思います)。

これはゲーム創ってくれた人に対する礼儀みたいなものだろうと思うんです。

ラーメン食べるときにまず水を一口飲んで口を清めるのと一緒です。

それにOP映像を見るとその世界にグッと引き込まれて感情移入が深まりますし。

なのでOP映像はちゃんと観ましょう。

  

というわけで適当に僕が好きなメガテン関連のOP動画をいくつか↓。

◆「真女神転生Ⅲ Nocturne」オープニング

◆「PERSONA3」 OPENING

◆「PERSONA4」 OPENING

  

「真・女神転生」のOP動画探したんですがなかったなぁ・・。

「2」はあるんだけどなぁ。

「ペスソナ」の1や、「デビルサマナーソウルハッカーズ」のOPも好きです。

  

と、ここまで書いておいてなんだけど、  

今日の記事は誰にも届かない気がする・・・。

誰かメガテン好きな演劇人いないかな・・。

| | コメント (0)

« 2009年10月8日 | トップページ | 2009年10月12日 »