« 2009年8月21日 | トップページ | 2009年8月23日 »

2009年8月22日

2009年8月22日 (土)

『ヒストリエ』

ヒストリエ vol.1 (アフタヌーンKC) Book ヒストリエ vol.1 (アフタヌーンKC)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヒストリエ vol.2 (アフタヌーンKC) Book ヒストリエ vol.2 (アフタヌーンKC)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヒストリエ vol.3 (アフタヌーンKC) Book ヒストリエ vol.3 (アフタヌーンKC)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヒストリエ vol.4 (アフタヌーンKC) Book ヒストリエ vol.4 (アフタヌーンKC)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヒストリエ vol.5 (アフタヌーンKC) Book ヒストリエ vol.5 (アフタヌーンKC)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1~5巻読みました。

スイマセン、こんだけ色んな人から薦められて最近やっと読みました。

岩明先生の作品なので気合いを持って読まねば、と思って読んだんですが、

これは、

予想以上の気合いが必要な作品でした(まだ連載中です)。

今はまだ興奮して軽々しく感想を言える状態じゃないです。

この感覚、僕の手には負えません。

そう、なんか

「怖い」

です。

この漫画読んで沸き起こる、様々な感覚を肯定することが。

コレの処理に迷います。

僕の遺伝子にもこういった本能がこの時代から(もっとずっと前から)受け継がれているのかと思うとゾッとする反面、

いや、生き物としてはコレが正常な作用なのか、とか。

読み進める内、

だんだんこの状況が日常と感じられてくるあたりが怖くて、また一方でゾクゾクさせられています。

  

話は逸れますが僕は岩明先生が書く人物の表情が凄く好きで、リアリティを感じています。

特に目の描写が細かくて好きです。

以前自分の芝居創る時に岩明先生の書く目を参考にしたことがある程です。

「冷静さ」「達観」「虚無」「絶望」「哀れみ」「蔑み」「慈しみ」そういうものが入り混じったような目。

アレが好きです。

  

古代ローマ帝国の時代のお話です。  

これを現代の読者に読ませてしまう作品の構成力、演出力の妙に岩明先生の非凡な力を感じます。

気合いをもって読むことをお薦めします。

  

つづきが楽しみでもあり、読むのが恐くもあり。

はぁ。

| | コメント (0)

« 2009年8月21日 | トップページ | 2009年8月23日 »