« 2009年7月23日 | トップページ | 2009年7月25日 »

2009年7月24日

2009年7月24日 (金)

神様

Ca390422_2   

   

   

  

  

  

が来てくれました。

昨日は島田桃依さんが、

今日は中島佳子さんが制作お手伝いで。

なんで神様なのかというのは6月の乞局客演『芍鸝(シャックリ)』をご覧になった方でないと分からないと思うのですが、

僕にとってはいずれも神様のような存在のお二人です。

  

島田桃依さんは稽古場で一つ上の段階のリアリティの所在を身をもって教えてくれた神様。

中島佳子さんは僕に「こういう役者になりたい」と本気で思わせてくれた神様(共演させていただいた今もその想いは変わりません)。

 

連日神様にお会い出来てお話しまでさせていただいて、僕は幸せです。

冒頭写真は呑みの帰りのプラットフォーム。

左からおこさん、中島佳子さん、恩田座長、後輩で制作ついて頑張ってくれている泉麻子。

  

そうそう今日中島さんが携帯の待ち受けを見せてくれたんですが、なんと僕と同じ待ち受け画面でした。

その画像とは

Ca390110   

  

   

   

  

   

  

  

  

  

  

  

  

  

コチラの、先程紹介した島田桃依さんの『芍鸝(シャックリ)』での神様のいでたちです(貼り出されてた写真を写メで撮ったものですけど)。

このシーン、すごい好きでした。

本番中は楽屋にハケてるから観られなくてお客様が羨ましかったなぁ。

あ、なぜ僕がこの桃依さんの画像を待ち受けにしているかというと本番前にお祈りを捧げるためです。

「今日も集中して新鮮な気持ちが沸き起こりますように。しゃべれますように。」

と。

ああ、

桃依さんが出演する今度の五反田団の公演、楽しみでなりません。

| | コメント (5)

« 2009年7月23日 | トップページ | 2009年7月25日 »