« 2009年7月14日 | トップページ | 2009年7月16日 »

2009年7月15日

2009年7月15日 (水)

夏の恒例・椿組野外公演に

J3_1_jpg_img181   

   

   

   

   

  

   

   

  

  

 

J2_2_jpg_img182_2   

   

  

  

   

   

   

  

  

  

 

 

J2_3_jpg_img183   

   

  

   

   

  

  

  

  

  

  

J2_4_jpg_img184   

   

   

   

   

   

  

  

  

  

  

今日は(もう昨日か)休演日だったので以前『花火、舞い散る』で客演させていただいた椿組の野外公演に。

花園神社に毎年恒例のテントが建って、お祭りのような高揚感が沸き立っていました。

僕は普段は地味で静かな芝居を好む傾向がありますが、この椿の野外公演は特別な思いでいつも観ています。

やっぱり一度野外公演を体験させてもらっているだけに(と言ってもタタキできない僕は当時女子チームで力を使わない作業してましたけど)実感として分かるのですが、何もないとこに巨大なテントを建てて客席を作って舞台セットを建てるっていうのはそりゃぁ~~~もう!!大変な訳です。

雨だって容赦なく降りますしね。

単純な使う体力の量が半端ないですし、とにかく仕込みに時間がかかる(1週間くらい)。

その大変な作業を乗り越えて、しかも野外は声が全然届かないので単純に声量使いますし、いつも芝居中の運動量が多いし、夏だから暑いし、客入れもみんな役者がやるし、そんな中みんな芝居やってるっていうのを知ってるからよけいに暖かい気持ちで応援したくなるのです。

ホントは嫌いなんですけどね。

観劇に私情を挟むのは。

  

今年の演目は中島淳彦さん作・演出の

『新宿ジャカジャカ』

~その日、ギターは武器になったのか?~

  

世に対し自分がどう関るべきか、どう変えていかなくてはいけないのか、何が理想なのか何が正義なのか、そういうことを個人個人が真面目に考えて使命感を持って生きることに前向きだった時代。

そして何だかガムシャラだった時代。

音楽で世界は変えられるか。

いや変えられるわけないんだけど(少なくともフォークゲリラという方法では)。

でもその行動する人間達のエネルギーや身体は青臭くも輝いていて。

理想なんてイメージは手の届かないところにある蜃気楼のようなものでそれ自体、実態も曖昧で輝きを感じるものではないが、それを掴もうともがく人間達の肉体は素敵で輝いているのだ。

その姿をあの舞台で観ることができたらそれは演劇ならではのエンターテイメントになり得ると思っています。  

  

なんと今年で24年目!スゲーことだわ。

今回も楽しみました!

いやそりゃ12日の五反田団とはまったく面白さのベクトルも違うしね、僕が興味を持っている身体の使い方ではない芝居の質だから手放しで面白い!っていうのとは違うけど、これはいいじゃないか、椿の皆さんの、エネルギーとか熱だとか、生きる力に溢れた何かを観れたらそれで満足じゃないか。

何より演劇に対する愛情に溢れてるこのエネルギーが僕の、明日への糧となるのです。

外波さんのしゃべってる姿はいつも思うけど凄い生きる力に溢れていて、役の範疇に収まりきらない何かがあって、この野外公演全体が持つ高揚感とかエネルギーの巨大さとか迫力とか社会の底辺に生きる人間の抗う姿とか、そういうものの中心にこの人がいるんだなぁ、ってことを肌で感じるのです。

  

椿恒例の客席での打ち上げで東京ハートブレイカーズの首藤さんや東京タンバリンの森さん、以前新国で見た早船さん作・演出の「鳥瞰図」に出ていらした野村佑香さんにお会いしてご挨拶(あー、ONEORのチラシ渡すの忘れた・・・)。

以前ONEOR8『電光石火』に客演していただいた福島まり子姉さんとも緊張しながら。

あとは椿のみんなと。

僕の漫画師匠的存在で友人の鳥越勇作くん、今回は舞台部で参加の根本大介くん(鴨川ホルモー行けなくてゴメン)、無機王以来ずっと大好きな役者の趙徳安くん、客演した時の我が相方浜野まどかちゃん、なんと山本裕典くんとTVで共演していることが発覚した岡村多加江さん、いつも素敵な全力女優、長嶺安奈さん(今回の役は切なかった!)、僕をいまだに「工場長」と呼ぶ美しい李峰仙さん、無駄にイケメン宮本翔太くん、僕の顔が変わったと言い張る和泉歩さん、肉体の力の説得力が半端ない平塚真介くん、完全に酔っ払ってた田淵正博さん、まったく歳をとらない井上カオリ姫。

みんな元気そうで何より。

千秋楽まで身体壊さぬように(いやそのあと4日続くテントバラシまでか)頑張ってください!

  

アレ?

新さん、恒さん、藤次郎さんに会ってねーじゃん。

しまったなぁ。

  

たまに僕春風亭昇太さんに似てるって言われるんですが、

どうなんだろ?

よく観てみましたけどあんま似てないと思うんですけど・・・。

いや、アレ「声が」だったかなぁ。

まぁいいか。 

 

友人鳥越くんのブログもよかったら参考にしてください↓。 

鳥越勇作ブログはコチラ

| | コメント (0)

« 2009年7月14日 | トップページ | 2009年7月16日 »