« 2009年5月4日 | トップページ | 2009年5月7日 »

2009年5月6日

2009年5月 6日 (水)

戯曲読む

訳あってこの2週間で27本の戯曲を読んだ(斜め読みしてやめたものを含めると50本くらいスか)。

戯曲って不思議なもので読むところの大部分が「しゃべることば」だからだと思うんだけど、肌に合うものと合わないものがすぐわかる。

改めて、「ことば」は文化であり世界なんだと思わされる。

同じ言語を使っているのに「ことば」の変化でこうも違う世界が表現されるのか。

だからたまに、「ああ、コレは俺の見ている世界じゃない」って。

反面、日常には程遠いのに現実のリアリティをもって迫ってくる世界もあったり。

世界は一つじゃない。

作家の数だけ、

いや、人の数だけ世界があるのか。

人の数だけリアリティがある、のか。

いわゆるプロの役者さんというのは、そういった多くの他人のリアリティの中に、スッと染み込んでいける人のことを言うのだと思うが。

今の僕には到底できない。

そこにあまり危機感を持てないところがまた、僕の欠点なわけです。

| | コメント (0)

« 2009年5月4日 | トップページ | 2009年5月7日 »