« 2009年4月23日 | トップページ | 2009年4月25日 »

2009年4月24日

2009年4月24日 (金)

「ゼブラ」がニュースに

めざましテレビ見てたら我らがONEOR8の作品「ゼブラ」のプロデュース公演の制作発表の模様が。

しずちゃんや大沢あかねが自分の劇団の芝居のことを話してるのがなんとも不思議で見入る。

でもONEOR8のワの字も、作家の名前さえ出て来なかったが。

まぁ、そんなもんかね。

その制作発表には野本兄さんや和田ひろこ姉さんはいたのだろうか?

写真バシャバシャ撮られたり記者にコメント求められたりしたのだろうか?

まったくイメージできない光景だ…。

野本さんがまともなコメントするわけないしな…。

| | コメント (0)

お酒

はこわい。

お酒を呑まない状態では絶対やらないことをやってしまう。

そしてお酒を呑んでいない状態の罪より、お酒を呑んだ後の罪の方が重い。

のに、その自分の犯した罪を覚えていなかったりするわけだから。

僕も昔お酒で事務所クビになりかける程痛い目にあって、あ、でも僕が痛い目にあった、と思う以上にその時居合わせた方々はもっと痛い目にあったと思ってると思いますが、もう死にたいと思う程の反省の日々を送ったことがあって。

でも、あの時のことは酒が回っててうっすらとしか覚えてなくて、翌日マネージャーと社長に死ぬ程怒られた時も、ちょっとピンとこなくて「え、俺何したんすか?」みたいな感覚で、自分の罪とすぐに向き合えないっていうか、自分がやったことのような気がしなくて、どうにも納得がいかない感じというか、で他人の話を聞いてくうちに隙間だらけの記憶が埋められていって自分がどんだけ愚かだったかを思い知らされて、だから、そうなんですよ、そういうことなんです、お酒に酔うっていうことは。

後悔が後から津波のように押し掛ける仕組みになっているんです。

酔わずにすぐ後悔するのと、酔って後から後悔するのとでは、もうだいぶ違います。

自分の罪の認識の仕方が。

ホントやり切れないです。

後悔しても後悔しても、ずっと、やり切れない。

せめてお酒が好きすぎて仕方がない、ってぐらいだったらまだね、アレですけど、好きじゃないから、基本。

不味い水、不快になる液体っていう認識ですから。だから余計に。何で呑んだんだよ、俺は、と。

悲しくなるので、お酒の過ちは。

僕の親しい人はどうか気を付けてくれないか、ヘンなことになりませんように、と願います。

まぁ、と言っても酒を呑むと気を付けようにも気を付けられなくなるわけだから、無意味か。

だとするともう運かな、って気がする。

罪になるかならないかは。

| | コメント (3)

« 2009年4月23日 | トップページ | 2009年4月25日 »