« 2009年1月19日 | トップページ | 2009年1月23日 »

2009年1月22日

2009年1月22日 (木)

『SAW3・4』

ソウ3 DTSエディション [DVD] DVD ソウ3 DTSエディション [DVD]

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ソウ4 DTSエディション ソウ4 DTSエディション

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

バイト先の方に借りてた「SAWシリーズ」やっと観終わった・・(と思ったらもう5が出てんのね・・・)。

なるほどねぇ。

こうなりましたか・・・。

毎回違った切り口で「SAW」の世界が展開していきます。

「1」「2」はまだ謎が多くて限られた空間、情報の中で起こる人間のやり取り・駆け引きが見所だったのに対して「3」「4」とどんどん複線回収のための説明をするサスペンスドラマっぽいつくりに。

あの「痛くて苦しくて観てられない」っていうのは少なくなってます。

ラストはそれでも「SAW」特有の「裏切り」があって、毎回「うわー、やられたっ」って感じはあるんだけど、

うーん、でも「4」はちょっとズルイかな・・。

  

「生きることには痛みが伴う」ってことの「凄み」が強烈で「生きたい」から「恐怖する」ってとこの核心が露わになった「1」の衝撃が強すぎて、その副産物には正直蛇足感を感じざるを得ません。

ジグソウを「説明できる存在」にしてしまったのはかなりの失望感を覚えました。

僕は世の中のもっともっと分からなくて、理解されない事象に「本質」が隠れているような気がするのです。

| | コメント (0)

『MAJOR』

Major―Dramatic baseball comic (17) (少年サンデーコミックス) Major―Dramatic baseball comic (18) (少年サンデーコミックス) Major―Dramatic baseball comic (19) (少年サンデーコミックス) Major―Dramatic baseball comic (21) (少年サンデーコミックス) Major―Dramatic baseball comic (22) (少年サンデーコミックス)

22巻まで読了。

うむー、面白い。

読み始めるとなかなか止まらない。

吾郎や敏也も魅力的だけどやっぱ小森がカッコいい。

負けん気・肩の強さ・バッティングセンス・そして人の良さ。

小森がいなかったらここまで来れなかったよなぁ。

影のヒーローだ。

今中3。

名門海堂のトライアウト中。

高校編も面白そうだ。

最新70巻まであと48巻。

| | コメント (2)

FREE(S)プロデュース    『うばクラ』

Photo   

   

   

  

   

  

観劇。 

我がONEOR8座長恩田氏が客演とのことで池袋芸劇へ。

以前「浅見光彦殺人事件」というリーディング公演の時僕バイトで映像オペやってて、そんとき出演されてたStudioLifeの小野健太郎さんが出られていて

「あ、あの人観たことある。」

と思いました。

いつも思うんですが「小ホール2」のどこが「小」なんでしょう。

ここが「小」だと小劇場の劇場の殆どは「極小」「ミクロ」ということになりますが。

ま、どうでもいいんですけど。

 

| | コメント (0)

« 2009年1月19日 | トップページ | 2009年1月23日 »