« 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月12日 »

2008年11月9日

2008年11月 9日 (日)

(前記事について)誤解のないよう

多分注釈を入れずとも伝わるかな、とも思ったのですが、改めて前日の自分の記事を読んで、誤解が生まれたら面倒だな、と思ったので追記しておきます。

前記事において、僕の自我を構成する最深の根幹を「憎しみ」が占めており、それが僕という人間を動かすエネルギーの源泉になっている(であろう)、というようなことを書きましたが、誤解してほしくないのはなんか僕が誰か個人的に気に食わないヤツ、みたいのがいてその人をとっちめてやろう、みたいなモチベーションで生きてる、みたいな解釈で受け取ってほしくないということ(まぁ、そんな人いないとは思いますが)です。

僕が「憎しみ」というコトバで表現したかったのは、もっと人間として原始的で本能に基づくような感覚としての「憎しみ」で、「怨念」や「うらみつらみ」みたいなことではないということです。

「反骨精神」というコトバも浮かんだのですが、このコトバは「スタンダードな本流に対してアンチの立場で~」という意味合いが強いので僕の表現したい感覚とはその点で大きなズレがありました。

もしかしたらもっと適当なコトバがあるのかもしれないのですが、この、自分を含めた世界に対する強く執拗で混沌とした粘着質な感情の渦巻き、のようなものをなんと表現したらよいか分からず、僕の中でおそらくイメージとして一番適当と思われる「憎しみ」を使わせていただいた、という感じです。

「憎しみ」というコトバが一般的にネガティブなイメージを持つため、人によっては僕をとてつもなく陰気な印象で捕らえるかも分かりませんが、僕としてはそういう風に見られたいとかそういう意図を持ってこのコトバを使用したわけじゃないのでこれも一応追記しておきます。

  

なんかこういう記事を書いといてなんですが、あまりいいことではないですね。

自分で自分のフォローをするような(そう受け取られる)ことをわざわざ書き足す、というのは。

男らしくないですね。

でもせっかく書いたので載せさせてもらいます。

んー。

やっぱり男らしくない。

とまぁ元々男らしくない僕が言うのもなんですが。

| | コメント (2)

« 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月12日 »