« 2008年8月21日 | トップページ | 2008年8月24日 »

2008年8月23日

2008年8月23日 (土)

サスペンデッズ第5回公演『MOTION&CONTROL』

Nexttop   

   

   

   

  

   

   

   

   

   

  

  

観劇。

今回はまた今までとはちょっと毛色の違う作風で楽しませてもらいました。

まさかサスペンデッズを観てこんなにも声を出して笑うことになるとは・・・。

佐藤銀平さんの役は演劇人には卑怯すぎます(笑)。

  

お話しは、僕は大学出ではないのでサークルとか共感するところはないはずなのですが、何か痛烈に共通体験として感じるところがあって、ノスタルジイと辛いのが同時にやってくる切なさがあり、特に佐野陽一さんに感情移入して観ました。

  

何だかんだでサスペンデッズの公演は旗揚げからすべて観ています。

旗揚げの『上石神井サスペンデッズ』をONEOR8野本さんに薦められて観に行ったのがきっかけでした。

野本さんがわざわざ「面白い芝居がある」と電話してくる、ということがまず珍しいことでしたし、公演の行われていた場所が家から徒歩3分のプロトシアターだったこともあり、GEOにビデオ返しに行った帰りにちょっとどんなもんかとチラシでも見にフラッとプロトシアターの前を通りかかったらちょうどスタッフさんや役者の方々が扉を開けて談笑している感じで、僕が不審者っぽくチラシはどこかなぁ・・、みたいに観てたら声をかけられてチラシを渡された、という記憶があります。

その時のチラシを渡してくれた方がたしか女性の方だったと思いますがスゴイなんかモチベーションの高さを感じさせる感じで、「こんな風に知らない人にチラシを渡せるっていいなぁ。」と思ったのでした。

その時観た『上石神井サスペンデッズ』がけっこう衝撃で、観劇後に野本さんと電話で芝居のことや役者さん達のことをあーだこーだと話したのが楽しかったのを覚えています。

プロトシアターでまさかこんな面白い芝居に出会えるとは(プロトシアターさんスイマセン)、という感じであれ以降プロトシアターで観劇する上でのハードルが上がってしまいました。

プロトシアターで公演を打って後有名になった劇団というと劇団本谷有希子がありますが、サスペンデッズもあっという間に有名になってしまいそうで(次回はもうトラムでの上演だそう)ちょっぴり寂しいです。

観た事のない方は是非。

| | コメント (0)

« 2008年8月21日 | トップページ | 2008年8月24日 »