« 2008年8月20日 | トップページ | 2008年8月23日 »

2008年8月21日

2008年8月21日 (木)

タカハ劇団納涼番外公演『ボクコネ~ボクはテクノカットよりコネチカット~ 』

Bokukone02   

   

   

   

   

   

   

  

   

   

   

   

   

   

   

観劇。

もう先週ですが。

公演の度色々な役者仲間から薦められてずっと気になっていたタカハ劇団の芝居。

前回の『プール』という作品がもの凄く面白かったらしい。

『プール』には知り合いのエレファントムーンの永山さんも出演されていてこれは見逃せないとか思っておきながらなんかその週がまた観劇がたてこんでたとかそんなんで観に行かず、その後『プール』の評判をホーボーで聞く度自分を責めた記憶が。

そんなわけで今回は番外公演みたいだけど絶対観にいくぞと前々から思っていたわけだけども、悲しいかな小劇場役者というのはぴあみたいなチケットセンターでチケットを買えないダメな生き物でありまして(偏見ですが)、知り合いが出てないとどうやってチケットを予約すればいいのかわかんなくなってしまうんですね。正確にはめんどくさくなっていつかどうにかとか言ってる間に忘れちゃうんですね。ダメ人間なんですね。

だから今回も例外なくいつかどうにか言ってる間に千秋楽前日になってしまっていて慌ててWEBでチケットを予約したのでした。

チケットフォーム、あれは便利なものですね。

  

芝居は予想していた感じとはまた違った印象でしたがでも、相当面白く観ました。

特に序盤から後半にかけての設定の状況と人間達とのスケールのギャップが可笑しく、芝居の質も(設定された人物像につっこみどころはありつつも)嘘のない虚無感というかダラダラ感に満ちていてとても好きでした。

「くだらなさ」で片をつけてしまえばそれまでですが、行われていることの無意味さや生産性のない会話の中にどうでもいいのになんかほっとけない人間関係が浮かび上がってくる感じが絶妙に軽い切なさを感じさせてやられました。

という観客が自分だけだったらどうしよう、恥ずかしいな。まぁいいか。

役者さんどなたもたぶん僕初見でしたが面白くて魅力的な方ばかりでした。

たぶん皆さん僕よりけっこう年下なんだろうなぁ・・・、とか思ったりして才能に嫉妬しました。

  

それにしても駅前で、

あれだけの生活臭のある細かい具象セットを組んで(いいセットだった!)、

面白くて、

前売り2500円というのはどうやったらできるんでしょうか?

採算取れるのかなぁ?

スゴイとしかいいようがありません。

| | コメント (0)

« 2008年8月20日 | トップページ | 2008年8月23日 »