« 2008年7月15日 | トップページ | 2008年7月17日 »

2008年7月16日

2008年7月16日 (水)

ある種の泥臭さ、のようなもの

に惹かれる。

垢抜けない、都会的でない、生活の匂い、土臭さのようなもの。

「生きる力」そのもののような姿。

それは舞台に生きている人物を観ていてよく感じることで。

それが感じられる時、僕はとても嬉しく、幸せな気持ちを得る。

また逆に、それを失った役者を見るにつけ、なんというか、残念な気持ちになる。

それはテレビドラマのような、役者の、日常にそぐわない現実離れした美しさや華やかな衣装、住居のようなもの、それ自体が商品として価値を求められるようなメディアでは、むしろ失うことが必要(本人の意志と関係なく大きな力によってそれ以外の選択肢を摘まれるが故その道を歩まざるを得ないというようなこと)なのかもしれないが、それは一度失うとなかなか取り戻すことが困難になる(ように感じる)。

特に女優の場合それが顕著で、失ってしまった女優を見るにつけ、僕はとても寂しい気持ちになる。

なんだか娘を余所の家にやる父親のような切なさ。

「ああ、君も行ってしまうのか。」みたいな。

そんな親しい間柄でもないのに。

でもきっと僕はごく少数派のおかしな人間だからね。

それを失うことで逆に、アナタは個人として今までより多くの注目や賞賛を得られるだろうと想像します。

だから僕のことなんか気にせずに進み、日の当たる場所で活躍してください。

僕も頑張って、アナタのことを気にしないようにするからね。

なんつって。

| | コメント (2)

« 2008年7月15日 | トップページ | 2008年7月17日 »