« 2008年6月19日 | トップページ | 2008年6月21日 »

2008年6月20日

2008年6月20日 (金)

『アンダーカレント』

アンダーカレント  アフタヌーンKCDX

著者:豊田 徹也

読了。

本屋で気になってなんとなく買って、電車で移動中に読んでいたら一気に引き込まれていつの間にか目的の駅を通り過ぎていました。

降りて駅のベンチで一気に読了。

これは面白い!!

  

面白い!と思うと同時に絶望的な切なさや哀しさにも襲われる、読了後少しぼうっとしてしまうような、そんな作品でした。

会話の空気や感情の描写がちょっと舞台っぽいなぁ、と感じました(舞台上で行われたら印象的だろうなぁ・、と)。

  

銭湯で働く女、という設定がまず素敵です。

その周りを囲む人物や地味とも思えるその生活臭も含め。

非常にツライ境遇にありながらもそれを日常では表に出さない(出せない)というところがとてもリアルに感じます。

またそういった抑えられ、膨れ上がった何かの、その魅せかたが上手い。

登場人物(というか人間というもの)の2面性の描き方、現代性にも深く手が届いているように思え、著者のアンテナの鋭さに驚かされます。

人は人のことをどれだけ分かるものなのだろうか?

人は自分のことをどれだけ知っているのだろうか?

人を分かる、とは?  

今、「当たり前のように他人のことが分からない」こういう時にこそ、この作品は貴重だと思います。

重いテーマも含んでいますが、それでいてユーモアの部分もあり、展開で魅せてもいきます。

行われていくその物語があくまで日常の延長でありながら劇的な印象を与える演出力、画力に日本の漫画、という文化の成熟度を感じたり・・。

   

こういう作品をいわゆる華のあるTV俳優にやられたりすると興醒めなので、どうかお願いします(神様)。

漫画だからいいんじゃないですか、漫画だから。

 

ちなみに・・。  

〔undercurrent ~アンダーカレント~〕
①下層の水流、底流

②《表面の思想や感情と矛盾する》暗流   

  

なるほどねぇ。
  

  

  

今日はゆっくり休日なのでたくさん更新してみました。

| | コメント (2)

「雨の逃亡者」

Stage6026_1   

   

   

   

   

   

  

    

  

  

  

  

観劇。

昨日は友達の小出みかちゃんの客演芝居を観に下北は東演パラータへ。

ひっさしぶりに行ったなぁ・・。

東演パラータ・・・。

劇場までの道を歩いている時、昔この道で迷ってなかなか劇場にたどり着けなかった悪夢を思い出しました。

寒い冬の日で真っ暗で、ホントにこんな住宅地に劇場があんのかよ、と何度も思い、帰りかけたあの悪夢。

今回が夏でよかった・・。

よかったけどやはり遠かった・・・。

遠々パラータ。

や、劇場は悪くない、劇場は悪くない。

  

お芝居は何だかスゴイ感じでした。

うまく表現できませんがなんか。

チラシのイメージそのままに混沌とした空気が流れておりました。

こういうことやってるとこたぶん今ほとんどないので結構貴重なのかも・・。

でも僕には出来ないなぁ・・・。

みかちゃんよく出演決めたなぁ・・。

初舞台お疲れ様です。  

| | コメント (2)

「鳥瞰図-ちょうかんず-」

Stage4974_1   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  
小劇場3作品連続公演 シリーズ・同時代Vol.1
「鳥瞰図-ちょうかんず-」
作 早船 聡 × 演出 松本祐子
  
観劇。
いつも観させてもらっている劇団サスペンデッズの作家さん早船 聡さんの作品を新国立で、ということでワクワクして観に行きました。
加えてONEOR8『ゼブラ』でお世話になったラッパ屋の弘中麻紀さんや『29』でお世話になった八十田勇一さん、大好きな役者さんサスペンデッズの佐藤銀平さんも出られる、ということで、今作はこの企画が宣伝され始めた時から僕にとっては生きる楽しみであったと言っても過言ではありません(大げさか・・)。
  
唯一心配であったのは新国立のような横長の舞台であのサスペンデッズの時のような閉鎖された空間ならではの空気の凝縮感が出せるのであろうか、というトコロでしたが、空間を見事に使い日常の空気を作り出していました。スゴイなぁ・・。
  
こういった小劇場にしては広めの微妙な空間で日常の具象芝居を成功させるというのはホントさじ加減一つで壊れてしまう繊細な作業の連続であったと思います。
  
声量に関しても大き過ぎず小さ過ぎずいいバランスで、気持ちよく観ることができました。
ちょっぴりオーバーアクト気味に感じるところがないわけではなかったですが、若い方から年配の方まで、多くの人に観てもらいたい、と感じる作品でした。
「シリーズ同時代」の3作品はどれも面白そうなので観に行きたいと思います。
   
  
終演後、たまたま同じ日に観にいらしていたONEOR8野本さんといつも素敵な中島佳子さんと小林隆さんとお会いしました。
僕はバイトだったのですぐ帰ってしまいましたが、写真の一つでも撮っておけばよかったと後悔しました。
廊下で大人計画の荒川良々さんとすれ違ったり、帰りの電車で白井晃さんと同じ車両だったりなんだか豪華な1日でした。

| | コメント (1)

乞局第14回公演『杭抗』(コックリ)

Kokkuri   

   

   

   

   

  

  

   

  

   

  

  

観劇。

もう先週ですが。

乞局(こつぼね)はいつもホントに気持ち悪い後味を残す作品を創る大好きな劇団なのです。

今回は制作お手伝いで何日か付かせてもらいました。

おかげで2度も観させていただいて感謝感激でした。

1度目の観劇ではすべてを把握できず、2度目で色々すべてが繋がりすっきりしました。

ある1つの場所で起こる4世代に渡るお話。

乞局に出てくる登場人物には欲望や感情の制御の利かない反モラルな人や業に真正面から向き合っちゃう感じの人達がよく出てきますが、今回もそういう人達のから回ったやりとりが非常に不謹慎かつ可笑しくて(笑えるということではなく)、有意義な観劇となりました。

役者さんが皆ものすごく自然でかつ非常識なのですごいなぁ、と何度も思いました。

どうやったらあんな演技が出来るんだろう?

しかしよくこんな多構造、多情報な世界観を創れるなぁ、といつもながら思います。

1つの揺ぎ無い世界がここにあるからこうして気持ちよく観客は騙される。

「アゴラ」という場所も最高の相性だと思いました(王子もよかったけど)。

  

HPに公開されている今作のあらすじの文章がとても想像を掻き立てられて好きでしたのでせっかくなので掲載させていただきます。

  

◆あらすじ:

……そこは元は運河で、湾曲している地形の間の、ポッカリと空いた水域だった為、

増えすぎたゴミの処理に困った湾岸部の自治体がそのゴミを埋め立てる策をとった。

タダで土台ができ、しかもその地区の総面積も広がって有望開発区になると謳い、

そこは埋め立てられた。

まず最初に建てられたのが、戦犯(A級・B級など罪度問わず)を収監する収容所だった。

埋め立てられた当初は、陸と繋がる唯一の手だては東西に走る橋のみだった故、

外界と隔てるには恰好の地だった。

彼らは国の為に戦かったにもかかわらず犯罪人扱いされ、ゴミの大地の上で過ごした。

戦犯の処分も済み、兼ねてから決定していた倉庫・工場地帯としての開発が進んだ。

もしかしたらその土地の再開発の方が優先されて、戦犯の処分が行われたかも知れない。

そして、島の名前もようやく付けられた。

戦犯が収容されていたイメージを払拭しようと「平和」を祈願して「平和島」。

島の中央には収容所跡地として記念碑が立てられたが、激しく行き交うトラックの交通の便をはかって、

島の中央を環状道路が走ることになり、それと同時に湾岸通りの工事も進んで、

今ではその環状道路と海岸通りの交差している地点に位置しているため、もう誰もその存在を知らない。

意図的にその存在は消されている。

やがて工場の拡大開発もすすみ、工場に通う為の工員向けの団地も建築され、一時はマンモス団地を形成した。

人が住むようになるとまた人を呼び始めるもので、商店街も出来れば、風俗も発展し、

所帯持ちの工員は車を所有しているので巨大な駐車場付きの娯楽施設も出来上がる。

当然車を所有していない工員(主に独身が多かった)もいるのでバス・電車も走るようになる。

そうやってこの人工の「平和島」は徐々に自立していった……。

しかし、その島の中央には、なかったかのようにされた戦犯収容所跡地の記念碑、

さらにその下の大地の主成分は所詮「ゴミ」なのだ。

| | コメント (0)

« 2008年6月19日 | トップページ | 2008年6月21日 »