« 2008年6月5日 | トップページ | 2008年6月8日 »

2008年6月6日

2008年6月 6日 (金)

三田村組公演『伝説の男』

0806_fri_1   

  

  

  

  

  

 

 

  

  

 

0806_fri_2     

  

   

   

   

  

  

  

  

  

  

  

観劇。

昨日のお昼は敬愛する中島佳子さんを始め、三田村周三さんや去年の野外で共演した高橋麻里さんやらよくお会いする正村さんとか、え、ま、皆さんを観に中野ポケットへ。

どうでもいいんですけど、みんなチラシの写真が疲れてるような・・・。

  

芝居は何だかバカバカしくて笑ってしまうところとそうでないところとのバランスがよくて楽しい作品でした。

いつも思うんですがファインベリーの中島新さんの作品は佐久間さんをただ観てるだけで楽しいです。

佐久間さんが動いているのを観て、それだけで結構お金払ってよかったってとこまでいきます。

(失礼なこといいますが)佐久間さんは毎回設定の違う同じ役の人物で出てくる感じがあるんですが、観ててまったく飽きることがありません。

役者としては稀有な成立をしている存在だと思います。

オンリーワンです。

どうして佐久間さんの演技を観て自分がリアリティーを感じてしまうのか、いまだ自己分析できていないところがありますが、本当に見ていて飽きない、幸福を呼ぶ役者だと再認識させられました。

  

幸福と言えば中島さんが演じられている姿を観ているだけで、「いいなぁ」と50回くらい思いました。

たぶんあの観劇状態は完全に冷静でないので作品もちゃんと観れてないと思います。

ダメですね。

でもホントにいちいち抜群の間合いというか、僕にとって「そこだっ」っていうトコロで生きてくれる女優さんなのでホント幸せになってほしいと思います。

イミ分かりませんが。

  

公演終わって夜は乞局の制作お手伝いでアゴラへ。

こういう外の現場行くと、自分が異常に人見知りする人間なんだってことを思い出します。

ああ、ホント他人が怖い。

知らない人が怖い。

| | コメント (4)

« 2008年6月5日 | トップページ | 2008年6月8日 »