« 2008年5月25日 | トップページ | 2008年5月27日 »

2008年5月26日

2008年5月26日 (月)

演劇バトルロイヤル『ガンまげ』

Head   

   

   

 

  

 

 

 

観劇。

一昨日は友達の小川直樹くんの芝居を観に池袋芸術劇場小ホール1へ。

昨日は我らがONEOR8の和田ひろこ姉さんが出演するプロデュース公演を観に新宿紀伊国屋ホールへ。   

連日の観劇で楽しいんですが、いくらなんでも観すぎなんじゃないか、という気がして来る今日この頃です。ブログのネタが観劇しかないっていう・・・。どうなんだろ・・。

  

さて『ガンまげ』ですが、なんか凄いです。

うたい文句が。

「小劇場のオールスターが夢の競演!誰の演技がイチバンか!!」

ですって。

コワイですよ。

「誰の演技がイチバンかなぁ?」

って思いながら芝居観たことないですから。まず。

そうお客さんに思われながら芝居すんのコワイし・・・。

「演劇バトルロイヤル」とか書いてあるし、なんかこれは小劇場の色んな(アングラとか現代口語演劇的なものとかコメディ系の感じみたいな)質の芝居が「我こそイチバン」みたいな感じで価値観の争いをする芝居なのかなぁ、とか思って観にいったら全然そういう芝居じゃありませんでした(笑)。

オーソドックスな、誰もが楽しめるエンターテイメント作品に仕上がっていて、なんかディズニーのアトラクションに乗ってる感じでした。

芝居の質もコメディ的娯楽作っぽい感じに統一されていて、「競ってる」ってよりむしろ結束してるって感じだったし、 「俺がイチバンだ」っていうより全員でお互いをフォローするような、気持ちのいい芝居でした。

どの辺がバトルロイヤルだったのか・・・。

  

しかしとても感動したのが役者の器用さと適応力!

あのいつもは超リアル芝居してるあの人がこんなコメディ的芝居を!

とか、あのアングラのあの人がこんなオーソドックスなタッチの芝居を!

みたいなことが多くて(というか大体皆さんそうなんじゃないか、っていう)、

ちょっと「え、え、前に見たあの役のあの人がこの役のこの人なの?!」みたいな驚きの連続で若干客席でうろたえてました(笑)。

和田ひろこ姉さんもONEOR8の時とは完全に別人でした(笑)。

もうなんていうかコメディやり慣れてます!って感じでした。

そしてバッチリメイクでちょっと美人でした。

ONEOR8では観たことのない美人さでしたので、楽屋でお会いした時一瞬人違いかと思いました。

凄い役者さんというのは皆さんそうですが、仕事やオファーによって、自分のスタイルに固執しないで色々なカラーに染まれるってのが驚きというか。

プロだなぁ、と。

  

俺が同じ立場だったら・・、

出来なそう・・。自信ないなぁ。

  

あと。

かっこいい男の子の力ってスゴイ。

客席の大半が若い女の子でした。

よくそういう若さ丸出しの女の子達が浮かれている状態を

「キャピキャピ」と表現しますが、

なんとなくああ、状態としても擬音としても的確なコトバなんだな、って気がしました。

客席で、

「ああ、キャピキャピ・・・」

って何度か思いました。 

この子らが小劇場の客席にいるとこは想像できないけど、こんな集団がトップスとかでキャピキャピしてたらちょっとビビるだろうな・・・。

  

てかずっと疑問に思ってるんですけど、

「バトルロイヤル」と「バトルロワイヤル」、どっちが正しいんですかね?

いやいんですけど。 

| | コメント (6)

« 2008年5月25日 | トップページ | 2008年5月27日 »