« 2008年3月13日 | トップページ | 2008年3月15日 »

2008年3月14日

2008年3月14日 (金)

『ラムネ』ゲネプロ

Ramune   

  

   

   

   

   

   

   

ONEOR8の田村孝裕さんが『ダルゴナ』という韓国の人気ミュージカルを元に日本版として台本を練り直し演出も手がけた歌謡シアター(ミュージカルではなく歌謡シアター)『ラムネ』の公開ゲネに行って来ました。

新宿FACEというところは初めて行きました。

まさかこんなところに劇場があるなんて、という場所で(コマ劇の前のゲーセンのビルの7F)、ここのゲーセンは何度か入ったことあるし何階か忘れたけどカラオケやモーパラにも行ったことがあるのに劇場の存在にはまったく気がつかなかったので、入った時はちょっとした驚きでした。

聞いたら普段はなんかプロレスとかやってる場所なんだそうで。

へえ。

で、

感想はというと、うん、予想以上に楽しかった。

正直通し稽古も見てたし、芝居中に役者が歌を2番まで完全に歌うってのがどうも(その間どういう状態で聞いていいか分からないというイミで)苦手だなぁ、と思っていましたが、

いざ舞台に作品が乗って、客席で全体像が見えると、

うん、これは楽しい。

むしろ歌を歌っているシーンがいい、とすら思える楽しさがあった。

何なんだろう、この感じは。

昭和の歌謡曲の持っている時代性、というかその時皆が持っていたある共通の価値観、思い入れ、みたいなものに宿る力なのかな。

歌が生きていて、時代と共に歩んで来た、その歴史全部がわっと来たというか。

とにかくそういう。

芝居とはまた別個の大きな歌の力を感じた。

この時代の歌というのはちょっと特別なのかもしれない。

  

「昭和歌謡シアター」ってジャンル、

普通のミュージカル観るよりこっちのがいいな、なんて。

  

ゲネ後、冨塚さんがカラオケ行きたいって。

ああ、

分かるかも、その気持ち。

カラオケ嫌いの僕ですら。

「だが断る」

そう言って僕はFACEを後にしました。

確定申告しなきゃなんだもん。

税務署にダッシュ!

無事済ませました。

  

↓あ、ラムネのHPはコチラです↓。

『ラムネ ~木綿のハンカチーフ編~』

| | コメント (0)

いいなぁ、と思うブログを読んだ

「自分と嘘」

『世の中の多くのことというのは、

ほんの小さな嘘で、

あっさり解決したり、余計なゴタゴタを回避できたりすることを知っていて、

そうやって「賢く生きる」ことは

「正しく生きる」ことよりも良いこと(というか、必要なこと)だと思っていました。』

  

というブログ記事を見つけた。

全然知らない人のブログなんだけど。

  

なんか宛てもなく気力もなくネットしてたとき。

目が止まった。

  

なんて簡潔で、無駄のない文章だろう、と思ってしまった。

いいなぁ・・。

いい文章だなぁ。

というか、

僕の心に合った文章形態なんだ。

だから心地いい。 

   

ところで僕も、最近同じようなことをよく思うんだなぁ。

| | コメント (0)

« 2008年3月13日 | トップページ | 2008年3月15日 »