« 2007年11月26日 | トップページ | 2007年11月28日 »

2007年11月27日

2007年11月27日 (火)

松本憲生さんという人を知る

ふとしたきっかけでこの人の存在を知りました。

「松本憲生さん」という方です。

普段は表に顔を出さない裏方の職人さんです。

  

きっかけとなったのは「NARUTO」という漫画のアニメです。

僕はもともと昔から「NARUTO」が好きで漫画を読んでいたのですが(今も連載を読んでます)、アニメの方はほとんど観たことがありませんでした(というかウチのTVテレ東写んないし)。

しかしパソコンを買って、せっかくなのでアニメも何話か観てみるか、と最近は暇なときにチェックしていました。

するとあることに気がついたのです。

それは。

回によって出来が全然違う時がある、ということ。

作画・動きの滑らかさ・アクションの演出・アングル、表情の迫力、どれもがずば抜けた完成度の回が何回か存在している。

ルパン3世の2NDシリーズで1度宮崎駿が監督をした回を観たとき、他の回と明らかに違った完成度と雰囲気であると感じたあのときと同じような感覚。

いったいこれはどういうことなんだろうとずっと不思議に思っていて今日、

今日です。

やっとその答えをパソコンで見つけました。

それが松本憲生さんです。

これまで僕が「ずば抜けている」と感じた回の作画を担当している方がすべて同じ方で、

その人こそ松本憲生さんなのです。

どうやらこと人の手にかかるとアニメのキャラクターは生命を吹き込まれたように生き生きと動きだすようです。

その方が担当された作品、回は多くの人に注目されて評価されているようです。

何故か必ずしも絶賛の声ばかり、ということではないようですが、

僕は個人的にこの方の作画・演出をとてもとても気に入ってしまいました。

今後は「NARUTO」だけでなく、この方目当てで作品を観てみようかなどと思っています。

TVアニメを観て心躍るなんてことはもう久しくなかったので松本憲生さんにはいたく感謝しています。

  

パソコンで松本憲生さんのパート集という動画を見つけたのでリンクを貼っておきます。

よかったら観てみてください。

  

松本憲生さんアニメパート動画集

www.youtube.com/watch?v=2U108Bco6TE

| | コメント (0)

« 2007年11月26日 | トップページ | 2007年11月28日 »