« バカみたいですが | トップページ | TVゲーム »

2007年2月 9日 (金)

まる半クラブ公演『明日にかけるはし』

観劇。

ワンオア8の『Turkey』で共演させてもらった本間剛さんを観にシアタートップスへ。

まる半クラブ(本当は「半」の周りを「○」が囲んでまる半なのですが表記出来ず)は2回目です。

前回とても笑った記憶があり、ちょっと期待しての観劇でした。

席に座ると隣が椿組の長嶺安奈ちゃんで「あ、あ、・ど、どど」みたいなことになる。

ああいうのはなんとも微妙に気恥ずかしいものです。

芝居は登場人物がとても多く(それでも14人ですが)、それぞれに多種多様なバックボーンを抱えていて、それを凄く丁寧に描いてくれていた反面、お客として少し散漫に感じた印象がありました。

それでも役者は本間さんをはじめどの方も面白く、シーン一つ一つを楽しく観ました。

面白い役者が演じるとなんでもないシーンでも生き生きと躍動して見えるんだなぁ、と改めて感じました。

特に本間さんに関しては毎回感じることですが、肩の力が抜けているようでいて決めるとこはちゃんと決めるというか、それも例えば僕のような並の役者ならばマックスでいってしまうところを1割抑えとか2割抑えというような振り切らない余裕を持たせてあるところでの決めというか、とにかく決めは決めでもホント役に忠実なとこでの決め演技だと感じて、いやあっぱれなわけであります。

そういうことを自然とできる役者になりたいものです。

|

« バカみたいですが | トップページ | TVゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バカみたいですが | トップページ | TVゲーム »