« 芝居の感想 | トップページ | 3月いっぱい »

2007年2月14日 (水)

熱帯倶楽部公演『デンキ島』

観劇。

もう先週の話になりますが。

役者友達の大根田良樹くんを観に新宿シアターモリエールへ。

あのモダンスイマーズの躍進のきっかけとなった作品ということで相当期待して観ました。

さらには僕の大好きなサスペンデッズの佐藤銀平さんや『アンコール』のしこみでお世話になった原田さんなど気になる役者陣でしたので、これはもう絶対外せない1本だったわけであります。

作品を観た印象は場転の多さや壮大さが「ちょっと意外」という感じでしたが漢っぽい感じや熱さはやはりモダンスイマーズのものでした。

大根田くんはモダンスイマーズの津村さんの演じていらした役ということでこりゃかなりハードル高いよ〜、と思っていましたが、そこは流石天才、津村さんを真似ることなくちゃんとオリジナルの魅力を出していました。

佐藤銀平さんもサスペンデッズの時のような遊びはあまりないもののやはり面白く、楽しませていただきました。

青臭い若者の芝居も見せ方一つで魅力的になる、ということを学ばせてもらいました。

しかしこれを観て、『デンキ島』続編の松田リカ編はいったいどんな感じなのか、とても気になりました。

いつか誰かプロデュースしてくれないかなぁ〜(>_<)?

|

« 芝居の感想 | トップページ | 3月いっぱい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芝居の感想 | トップページ | 3月いっぱい »