« 2006年10月2日 | トップページ | 2006年10月4日 »

2006年10月3日

2006年10月 3日 (火)

最近

ブログの文章が長いとのご指摘。

簡潔に、簡潔に。はい。

| | コメント (0)

インパラプレパラート公演『グッド・メディシン・テイスツ・ベター・メディシン』

Good_mediomote       

      

      

      

    

      

      

      

      

      

      

      

         

観劇。

1日マチネ。

ワンオア8公演『Turkey』で共演した中村千春さん、インパラの劇団員、中村掌子さんに誘われ王子へ。

中村掌子さんはいつぞやの打ち上げの席で、僕の演技を覚えている、とおっしゃってくれた奇特な方。
いい人です。

そんな人はいい人に違いありません(〜覚えてる、〜見ましたよ、に異常に弱い僕です)。

なのでインパラプレパラート、楽しみにしていました(なのでってことはないか)。

劇場につくと加藤亜矢子さんとワンオア8の田村孝裕氏に出会う。

田村氏に出会い頭「オマエ偉いな。」と言われる。

「何が、」かは分からないまま客席へ。

うむ、俺エライ、うむ。

芝居は一見ふざけた設定ながら、とても心臓にくる芝居でした。

はぁ、胸がいたい。

お客さん嗚咽してらっしゃる方いました。

僕も一瞬ヤバかったです。

あれは役者さんのチカラですね。

静かな沈黙の中の熱演、ああいうのは一歩間違えればお客の心が離れて行き兼ねないので役者としては「緊張」と「恐怖」を感じながら見ました。

見事細い綱を渡りきった役者さんにあっぱれをあげたい(何故上から目線(^_^;))。

    

全体的に観ると意図的なのかどうか分かりませんが、視点が2転、3転する忙しい芝居でした。

最初スタイリッシュなコメディ?みたいな感じで捉えているとちょっと怖い話しになって、後半は主要2人の恋愛(という表現はイヤだが)のお話に集中していく。

入口と出口の印象がだいぶ違うなぁ、と驚きました。

そういう展開をよしとするかどうかはお客の好みかもしれませんが、効果的に働く部分と「惜しいなぁ」と思ってしまう部分、両方があるなぁと僕は感じました。

一つだけ残念だなぁ、と思ってしまった点が。

それは色々な設定、伏線がラストのあの状況を作りだすために外界から用意されたモノのように感じてしまったこと。

そこに生きる人間以外の人間の思索が思い浮かんでしまったのが非常に残念でした。

きっとその辺が涙を堪えられた原因なのかも。

とは言えお客としてとても楽しませてもらいました。

才能豊かで末恐ろしい劇団です。

      

終演後ロビーでインパラの中村掌子さん、中村千春さん、ペテカンの四條さんや無機王の中島さん、ワンオア8の野本さん、田村さん、ライオンパーマの加藤亜矢子さんらと談笑。

俺だけ舞芸出身じゃないんだよなぁ。

いいのかな、俺、ここにいて。

なんとなく、そんなことを思ったり。

   

王子は不思議とハズレないなぁ。

| | コメント (0)

やってはいけないこと

今日(昨日)、僕の中でやってはいけないことランキングベスト5に入る、『バイトから帰ってパソコン開いてニュース見て寝て12時間寝てまたバイトに行く』というのをやってしまう。

あ〜、なんという時間の無駄使い(*_*)。

色々とやらねばならぬことがあったのに。

疲れが溜まっていたのだろうか・。

自分は寝なくても大丈夫な人間だと思っていたが(-_-;)。

「時をかける少女」になりたい。

あ、「時をかけるおっさん」か。

バイト先で今火曜日の休憩室にいる自分がとても口惜しい。

ワンオア8の平野圭さんの客演芝居観に行けたらと思っていたのだが・、行けず。

圭さん、ご免なさい。

| | コメント (0)

« 2006年10月2日 | トップページ | 2006年10月4日 »