« 2006年9月10日 | トップページ | 2006年9月12日 »

2006年9月11日

2006年9月11日 (月)

柄本明『絶望の授業』

柄本明『絶望の授業』

読了。

NHKの番組「課外授業ようこそ先輩」での様子をレポート的にまとめた本。

柄本さんが書いてるわけじゃなくて、あくまでそういう企画の本なので、柄本さんの演技を深く読み解くことや、精神世界を覗き見たりすることは殆どできなくてガッカリ・。

面白いは面白いんだけど、番組の試み的にはどうも失敗している感じで、柄本さん一人が面白がって笑っているところが何とも。

僕が想像するに柄本さんの役作りにおける精神構造は一般的な役者とは別次元の展開をみせていると思う。

それはある世界を見た者の領域というか、陳腐なコトバを使えば達人の域というか。

それは同じ役者にでも理解するには時間がかかるだろうし、まして何も手がかりのない人が不意打ちで接触して得られる情報は限りなく少ないように思う。

それだけに柄本さんの真意が番組制作者側にも体現しようとする小学生達にも殆ど伝わっていないのではないだろうか・。

ぶっちゃけ読者の私も困惑しながら読みました(^_^;)。

『絶望の授業』、何てちょっとコワいタイトルですが、この本の中で柄本さんが子供達に言っているのはおそらく「物事を多面的に見よう」とか「負の感情を受け入れよう」というようなこと?かな。

試みとしては「絶望」という一種、今の小学生には縁遠い(←わかんないけど)感覚を積極的に考え演じることで、実は日常と絶望というのは相対する存在ではなく、お互いが内包している近しい存在なのだ、ウェルカム絶望、みたいな方向にもっていこう、ということだったのだと思いました。

が、しかし、今の子にそういうこと理解させるのは想像以上に難しかったようで・。

ある種、そういう大人の思索をまったく別の方法で裏切ってくれるのが子供の持つ魅力でもあるのだけど。

| | コメント (0)

« 2006年9月10日 | トップページ | 2006年9月12日 »