« 2005年12月5日 | トップページ | 2005年12月10日 »

2005年12月9日

2005年12月 9日 (金)

お爺ちゃんの7回忌

ちょっと前のことですが、お爺ちゃんの7回忌に行ってきました。

そんなに信心深いほうではないんですが、お金持ちだったお爺ちゃんに何か御利益いただけないかな、という下心もあり・。

お坊さんのありがたいお経を頂き、墓参りをしました。

 

アレなのね、7回忌ともなるとお坊さんがお経を読む時間すんごい短いのね・。

10分くらいでお坊さんふっと立ってどっか行っちゃって、なんかトイレにでも行ったのかと思ったら帰って来なかった・・(当たり前か)。

もしかして年追うごとに短くなってくのかな・?

でもあれで結構なお金取るんだからお坊さんて・・・・・おおおっと、いや、なんでもありません。

ありがたいお経ありがとうございました。

 

そのあと久しぶりにウチの家族とお婆ちゃんで昔千駄ヶ谷に住んでた頃よく行ってた原宿の南国四家(だっけ?漢字忘れた)に。

これまたぼったくりな値段の・・・・・・おおお、いえ、庶民感覚の僕には手の届かない高級料理を計画性もなく頼んでいく家族達・・。

「生きる」とは「食う」ことだ、と言うがウチの両親の類まれなバイタリティはこの「食欲」にあるんだなぁ、と再確認しました。

   

それにしても伊藤家は(僕とお婆ちゃん以外)はよく食べる。

そしてよく喋る・・。

最後の1時間くらいは僕とお婆ちゃんはほぼ無言で伊藤家の食卓を傍観してました。

しかし、注文したもの全てたいらげて、ほっと一息ついたと思ったら店員呼んでチャーハンとなんかの魚料理としょうろんぽう(漢字分からん)追加した時は・・、流石にお婆ちゃんと2人、顔を見合わせました。

 

お、俺がおかしいのか・?!

普通はこれくらいみんな食べるのか?!

何故全然太らないんだこの人達は・?

 

「都会」と「貧乏」に慣れ順応し、一日一食で足りる身体になってしまった僕の目には、その光景はまさに『食い尽くされる地球』という感じでした。

こら地球もたんわ、と・・。

   

途中、車で外苑の紅葉を見ました。

真っ黄色なイチョウ並木を通ると風が吹いて視界が黄色に染まりました。

都会の道路沿いにあって、でもこの生き物は生命力に溢れているな、と何故か散りゆくイチョウを見て思いました。

 

家族を見習って僕もすこしは「食おう」。

まぁしかし、その前に「食える」ようにならねばねPa0_0005 ・・。

           

 

写真はお寺の鯉。狭い場所でも生きてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月5日 | トップページ | 2005年12月10日 »